close >>

BEAT用オリジナル車高調テスト中!とお詫び。

2007年06月11日

blog16.jpg
愛車ISOMASA号が退院してから、早々オリジナル車高調を取り付て試走中です。まず感じたことは足の伸び(ストローク長め)いい感じです。
恩恵としては、街中走行でマンホール等のギャップを越えても突き上げ等が少なく気を使わずに走れる事。比較的乗り心地はマイルドな味付けですので・・・
それでいて、以前付けていた車高調(レース仕様バネレートはF4/R5に変更)と比較すると一般道のコーナーリングはスムーズな感じがします。(注*サーキット等での走行とはスピード領域が違いますので、あくまで自分的な感想です。)
予想通りの乗り心地です。
*スプリングを交換する場合でもID(バネの内径を65にして有りますので、各種バネとの互換性が豊富になり、乗り味の選択肢が増えるようにして有ります。


改善点
F側スプリング音
プリロード0(バネにテンションをかけない状態)で組み付けた場合。
静止状態からステアリングを切った時のバネ上部から回転時にコリン”という音が多少出ています。*通常走行時は出ません。
バネにある程度プリロードを掛ければ音はしませんが、本来のバネレート以上に硬くなってしまいます。
現在、スプリング取り付け部アッパー側に取り付ける対策シートを作成中です。
ついでに、開発時より判っておりましたが。
通常オフセット(F35/R45)のホイールを基準に寸法取りしておりましたので、特に問題ないかと思われたR側車高調整部分のロックリング外形を小さくします。
小さくする事により、14-6J-OFF35~38位のホイールの場合でも。タイヤが外に飛び出さないようになります。
考えてみれば?ボディーとタイヤが面いちにしたい方も多いですからね!笑
先行取り付け頂いた皆様には現在、ご迷惑をおかけ致しておりますが・・
宜しくお願い致します。
又、ご予約頂いている皆様!
改善後、又、ご案内致します。いそまさより

追伸、上記ブログを書いた後に対策パーツが届きました。
早速取り付けましてテストしました結果。
バネ音は完全に止まりました。
暫しテストを繰り返し問題が無い事を確認いたしましてから、次回発注10セット分受付いたします。出来上がりは7月20日前後の予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE