close >>

ホンダビートの最近の純正パーツ供給について考える??

2008年07月09日

新車発売から約17年が経ちました。
同年式の他車も姿をだいぶ見なくなってきております。
メーカーの「部品供給責任」も一般的に車両販売終了から10年間くらいだと言われている中、
ビートも最近は販売終了パーツもちらほらと出てきております。
で、いそまさは仕事がひと段落してからほぼ毎晩部品の在庫の確認・研究をしております。
研究?そんなに大袈裟なことでは無いのですが(笑)クルマ屋的発想を駆使して調査しております。
例えば
ビートの燃料供給はインジェクション方式ですが 、イグニッション系にディストリビューターを採用しております。
最近の車にはもう付いていないパーツです
最近はダイレクトイグニッション式に大方替わっております。(ディストリビューターは使わない方式)
で、特にビートにとって苦手なこの梅雨時期はディスビのトラブルが多いような気がします。
しかし、本体ではなく意外とキャップ・ローター辺りが多いです。
キャップ・パッキン・ローター3点で3029円(税込み)がディストリビューターASSYだと約10倍の価格です。

P1010054.JPG
此処からが重要な答えで


若しも、キャップ等が単品で出なくなっいたら???
でしょう!使用しているクルマが少なくなったら・・・最後は供給できてもディスビASSYになってしまうかも??。さ”””3万円!
で、今回も小生、悪あがきかとも取れる行動に出るわけです。
キャップ・ローターの大量確保。
その他も続々と確保しておりますが・・・
当然、注文の多いパーツは残り、注文の来ないパーツは無くなってゆく訳です。
名車を存続してゆくには必要不可欠事だと思います。
*但し、やふ~オクなどで良く見かける光景ですが。
販売終了などと言う言葉に踊らされ高値購入などせず、一度お問い合わせください。
幌骨が無いですとどちらかに記してありますが、本日調べましたらメーカー在庫5台御座いました。
但し、注文が少ないものは、1度欠品した後、製造計画から外れる可能性は多くなる訳です。
結論。
私が毎日見張ってますから当分は大丈夫です。(“`д´)ゞ ラジャ!!
P1010055.JPG

“ホンダビートの最近の純正パーツ供給について考える??” への1件のコメント

  1. カーライフ 清水 義勝 より:

    本日は、お忙しい中、ご連絡有難うございました。
    大変、参考になるブログ、楽しく見させて頂きました。
    明日、お忙しいでしょうが、ご連絡のほど、宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE