close >>

普段は見られないびーの骨?

2008年09月01日

なかなかお目にかかれない部分をご披露いたします。
提供、千葉のN氏のびー。
走行4万4千キロの車両。
このバーの両サイドが緩んでるとフレームの剛性が・・・
各部ボルトを外さず緩めて、ボディーを左右にお祭りの神輿をもむ様にゆすりまくり・・・ましてそれから
締め込みなおししましょう。
P1018902.JPG
P1018903.JPG
P1018904.JPG
P1018905.JPG
P1018906.JPG
*全部を完全に閉める為にはダッシュ板をこの様に外さないと出来ませんが・・・
お暇ななかた是非、是非。
P1018901.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE