close >>

兵庫県在住のT/F様にご成約頂いた黄ビートの納車整備様子となります。

2021年06月08日

兵庫県在住のT/F様に3月初旬に「フルコンプリートパッケージ」にてご成約頂いた黄ビートの納車整備の様子をご案内いたします。

 

 

これまでの作業経過をご紹介しますと、ご成約頂いた後約1ヵ月程経過した4月中旬時点でオーバーホールメンテナンスを施工の為、既存エンジン&トランスミッションを取り外し作業を実施。

 

 

エンジン本体&トランスミッション本体を分割の後、既存エンジンはエンジン製作コラボ先へと送られました。

 

 

その間に純正幌/スクリーン及びフロントピラー側を含む総てのウエザーストリップを交換と共に、サイドガラス位置を調整にて雨漏れ対策を完了。

 

 

※納車迄に時間があるにもかかわらずこのタイミングで張替を行うのは状態を落ち着かせる意味もあります。丁度梅雨時でもあり、実際の雨で雨漏れの調整も可能ですので・・・。

 

 

また外装同色全塗装を既に施工済で「錆・腐食」の発症はありませんが、お客様のご要望もあり、施工されていなかった両ステップを予防の為に切開し、「錆腐食の防止対策」を施しました。

 

※今後は錆腐食等現車に症状が診られない状態であっても、全塗装の際には全車ステップを切開にて防錆処理を施すこととしました。新車製作の際の問題も多少伺えますので・・・。

 

 

そして一月ちょっとが経過した5月後半。リフレッシュメンテナンスが叶ったNEWエンジンがコラボ先から戻って参りました。

 

 

埼玉県在住のT/F様にご成約頂いた黄ビートの納車整備完了を受け、大変お待たせいたしましたが納車整備後半の再開となりました。<(_ _)>

 

 

因みに画像に移っている白赤のモデューロ製ダンパーキットですが、こちらはお客様のご依頼にてご負担を頂き、装着する事となりました。

 

 

エンジン搭載前に付随する各部の点検を実施。すると・・・。( ̄ー ̄)

 

 

この度もご多分に漏れず燃料タンクの状態は✖。

 

 

更にタンク上面に錆を発症しています。

 

例え正常に動いている個体で有っても、一度もタンクを交換していなければ上記同様であると思われます。

 

 

そんな訳で燃料ポンプと共にタンクについても交換対象となりました。

 

 

 

クリック⇒作業詳細につきまし定休日明けにご紹介させて頂きます。<(_ _)>

 

 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2021 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE