close >>

神奈川県のK/Y様の赤ビートを総合整備でお預かりしました。<(_ _)> その5 足回り整備~エンジン&ミッションの搭載準備の様子。

2021年12月16日

神奈川県のK/Y様の赤ビートを総合整備の作業の様子、その続編となります。

 

 

前回迄の作業で燃料まわり・水回り一式部品交換の「原点回帰」を終え、作業は足回りへと移行してきました。

 

 

純正再販が叶った「リヤキャリパーASSY」と共に「リヤブレーキディスク」、「ブレーキホース」等を交換。

 

特に「リヤキャリパーASSY」についてはこのタイミングで新品交換をして置けば、来たるべきオーバーホールの際に対しても十分に対応が可能。

※このところの交換作業の記事が多いのは、純正再販品の在庫数を心配しての事です。

 

勿論!ディスクパッドについても既存の物は使わず新品交換としました。

※未だ使えそうだからと交換を怠ると折角交換が叶った各部品の本来のフィーリングを妨げる「ジャター」や「鳴き」などの発症する可能性も考えられますので・・・。

 

 

サスペンションについては、純正オプション部品で、現在補修部品として1本ずつ入手が可能である「モデューロ製ダンパーASSY」を一台分入手して装着しました。

 

悪路や高速道路の路面の継ぎ目などで受ける衝撃は「純正ダンパーASSY」の新品と比べ、「モデューロ製ダンパーASSY」の方がスムーズなのは明らかです。

 

また併せて交換を施工した「フロントロアアームブッシュA」や「フロントロアアームブッシュB」の効果性も侮れません。

 

※上記は参考画像となります。

 

特に純正再販が叶ったステアリングの「ラックエンドセット」の効果性も絶大です。(^_^)v

 

 

さて、いよいよNEWエンジンとトランスミッションの搭載準備開始となりました。

 

 

ギヤを省くトランスミッション各パーツ一式の交換を済ませ、イソマサ対策部品の一つである「イソマサ仕様LSD」※を装着し組み上げ完了! ※一般走行においても楽しく使えるように調整を施した「リミテッドスリップデファレンシャル」となります。

 

 

リフレッシュが叶ったNEWエンジン補器類の装着と共に事前に、オーバーホール作業を済まして置いたトランスミッションを合体。

 

 

そして更に車体への装着準備作業は順調に進み。

 

 

搭載専用の器具にエンジン&トランスミッションのセット完了!

 

 

程なくして搭載が完了しました。

 

 

またエンジン搭載と併せて、左・右ドライブシャフトASSYはリビルド品と交換。

 

また純正再販となった左・右「リヤラジアースロッドブッシュ」・「リヤ―ロアームCOMP」・「リヤコントロールアームCOMP」も漏れなくリフレッシュを目的に交換としました。

 

 

また既存装着されていた「社外品エアークリーナーボックス」は敢えて取り外し、純正の「エアークリーナーケースASSY」を装着にて「原点回帰」しました。

 

※上記は参考画像となります。

 

交換の理由としては社外品を装着した既存エンジンをオーバーホール前に補器類を取り外して診ると、走行距離に余り関係なく、下記のような状態となっている場合が殆んどで・・・。

 

 

※上記は多量に付着したカーボン、スラッジにより劣化した状態のスロットルの別車両の画像となります。

 

音やフィーリング等個人的好みを優先した結果。実はエンジンの寿命を縮めていたのだと考えられます。※以前小生も身を持って体験済みで、現在は「純正エアクリーナーボックス」に戻し、「原点回帰」を図ると共に、「安心も確保」しました。

 

 

K/Y赤ビート、各補器類をや配線類を結線した後、NEWエンジンは雑味の無い小気味良いエンジン音を奏でました。(^O^)/

 

今回はここ迄となります。

 

次回はいよいよ最終章へと向かいます。

 

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2022 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE