close >>

電装系のメンテナンスです。最近は車検整備時の肝となっております。

2017年02月20日

 

ディストリビューターキャップ・パッキン・ローター・ハイテンションコードSET(センターコードを含む)等の電装系。

前回の交換から10年以上経過しているとか交換時期が不明の場合は、見た目で大丈夫そうでも交換するのがお勧めです。

特にタイミング的にベストなのは車検整備・12ヶ月点検等実施の際が良いでしょう。

※このタイミングにてメンテをした場合は工賃的にお財布に優しい為。(^_^)

 

 

と言うのも、同じクルマ(BEAT)を専門に扱っていると季節的にとか週毎にとかのタイミングにて、

同じトラブルが集中して発生するという不思議な現象が起きます。

 

 

正にそのタイミングにて重複して同じ修理が増えた場合に、ブログにてメンテをお勧めしている訳です。

で、年明けは電装系のメンテをお客様にも強く推奨しております。

当店のお客様との合い言葉は「10年先まで現役で!」です。

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE