close >>

ブレーキローターの交換タイミングは?

2017年02月22日

 車検でお預かりした個体です。

 

ブレーキキャリパー、ブレーキマスターOHと共にブレーキローターの交換を施工しました。

 

 

 

 

画像はブレーキローターというパーツです。

 

 

 

 

一見、何でも無いようですがローター表面が標準値から約3~4㎜程削れています。

 

メタルカーボン製ブレーキパッドを使用している関係で、通常のパッドと比べるとディスクロターに対する攻撃性は高く、

ご覧の様にローターの表面も深めのスジ傷が多く見られます。

 

仕方がありませんねブレーキフィーリング及び効き重視ですから・・・。 (^_^)v 

 

これ以上使用すると、表面段差が増えてしまいディスクパッドも同時に交換するようになる為、

バランスも考えて前・後ローター4枚共に交換を実施しました。

※上記ローターですが当店では純正と比べても安価で、尚かつ信頼のおける国産品を自社オーダー製作品です。

 

 

 

 

上記は現車に装着されているスポーツ走行御用達アクレメタルカーボン製「フォーミュラー700C」です。

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE