close >>

またもウオーターポンプが・・・。

2015年07月28日

DSC06698
この部分。オープンにすると結構気になる部分ですね!
DSC06699
ココ新品部品出ますョ。「マットリヤトレー,フロント」というパーツです。2千数百円です。

IMG_2071.JPG
25年間の年輪を重ねこんな感じに

DSC06713
と言う訳で、各部ボルト・ナット部分は固着状態が酷いですね。

DSC06707
通常は触媒本体をそっくり外せば良いですが、今回はスタットボルト等が折損という最悪の状態の為、カバー等も外しました。

DSC06715

で、折角ですのでWAKOS”耐熱塗料ににて化粧直しを(サービスにて実施)

DSC06723
タイミングベルト関係のメンテの際は、走行距離に関係無くケチらずに、特にウオーターポンプ等回転部分のパーツは総て交換が鉄則!

IMG_2101.JPG
前回平成16年走行約3.8万キロ時にタイミングベルト/ウオーターポンプ関係を交換履歴がある個体です。
約10年間で1.7万キロですか~要注意状態です。
今回は5万5千キロの走行距離でもエンジンサイドマウントはご覧の状態。パックリと見事に割れていますね・・・。

DSC06733
ウオーターポンプは間もなく交換してねのサイン(穴からクーラントが漏れ出す)緑色の液体の跡がありますね。
廻すとギィ~ギィ音が鳴ります。それとまわり方も凄~く重いです。
※新品のウオーターポンプはスルスルと回転します。
ブレーキキャリパー・ドライブシャフト等と同様、回転部分の抵抗が加速や燃費にも大きく関わっているのは間違いないでしょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE