close >>

エンジンOH済やリビルド済エンジンの件ですが・・・若しかして勘違いされていませんか?(>_<)

2017年08月10日

 

最近徐々にに増えつつあるケースですが、

既にOH済みやリビルド済エンジンを個体に搭載された

ユーザー様からのご相談が非常に多くなりました。

 

 

具体的例

①ディーラーに依頼して「リビルドエンジン」を搭載、搭載直後の慣らし運転中にオイル消費過多発生!

勿論!クレームにて「別なリビルドエンジン」に載せ替えにて現在は調子を取り戻されたそうですが・・・。

※飽くまで想像の範囲ですが、

原因としては、組込の際「リングの表・裏逆組やリング合口不良」の可能性が考えられます。

ピストンリングには表・裏が有り、組付けを間違ってしまうとオイル消費が極端に増えたりエンジンの寿命低下の要因となり得ます。

 

具体的例

②リビルドエンジンに載せ替えて間もないが、減速時に「白煙」を吐く・・・。

※飽くまで想像の範囲ですが、原因としては、ヘッド側の分解洗浄はされていても、

最低限のシール類等の交換必須部品が交換されていない可能性が考えられます。

※意外かも知れませんが・・・。 (^_^;)

通常、リビルト化の場合、バルブやロッカーアーム等は基準値内であれば再使用となります。

 

※上記は福島県在住のM/S様のエンジン画像をお借りしました。

 

◎当店のリビルド化エンジンと他社との内容の違いは?

エンジンについては、この先「一生一回」メンテをコンセプトとしております。

当店での場合シール類は勿論ですが、

再使用の基準値を厳しく設定している為、交換部品は必然的に多くなります。

従って、通常の一般的なリビルドエンジンとの価格差が生じます。

 

また、E/Gメンテコラボ先へエンジンを送る際にも、

仕様についてお客様との綿密な打ち合わせをさせて頂いております。

要するにE/Gメンテコラボ先の「設備と技術力」を評価し製作をお願いしている訳です。

分解洗浄からパーツの分解・測定にての既存エンジンの基準値のチェック。

 

そして各消耗パーツの交換を経ての組み立て作業。

更に出来上がったエンジンを実際に動かしての「ベンチテスト」にて性能確認。

と、厳しい基準にをクリアした状態にて当店に戻って参ります。

 

結論としてオーバーホールやリビルド化といっても、中味(内容)はまちまちだと言う事がいえます。(>_<)

ビートのエンジンE07A型の場合、最低でも20万円前後の部品交換や測定、

加工が必須であり、これが最低限のエンジンオーバーホールの基準となります。

従って例えディーラー等にて施工したとしても、搭載するエンジンのご購入価格が20万円以下だとすれば、

自ずとその答えは・・・。 (-_-)

 

お客様にとって大事なポイントとは?

「メンテに掛かる時間」(^_^;)・「お金」・「NEWエンジンの保証」の3点ではないでしょうか。

この事を私を含め、スタッフ全員が深く理解している事が当店の自慢です。 m(_ _)m

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2017 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE