close >>

最近はタイミングベルト交換の際、エンジンマウントが殆ど「パックリ」と割れています。

2017年08月17日

 

マウントが取り付けられている場所は大きく分けて4カ所。

画像左端の丸い部分が見えますか?

タイミングベルト交換作業の際に必ずボルトを緩めるために金属のカバーを取り外します。

 

 

その中でも特に一番負担のかかる部分が此処。

マウントゴムの部分が「パックリ!」と割れていますね。(^_^;)

現車は走行8万キロの個体ですが、この状態ではシフトチェンジをして、

アクセルを踏み込んだ際にパワーの伝達が緩んでしまいますね。

 

 

上記は交換を済ませ、カバーを取り付けた状態の画像です。

新しいマウントを取り付けた結果、ダイレクト感が蘇り新車時のレスポンスに近づくこと請け合いです。

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE