close >>

走行中突然エンジンストールしてしまいました。!(T_T) で、 現状供給可能な電装部品パーツをリフレッシュしてみました。

2017年09月20日

千葉県在住のJ/K様の愛車です。

最近のの出来ごとだそうで1度のみの発生だそうですが、

走行中に突然!エンジンがストールされたとのこと。

再始動は問題無く、その後症状は出ていないそうですが・・・。(-_-)

 

 

 

 

 

 

J/K様は、愛車白びーに何かをチョットでも異常を感じると、

即、小生の携帯にご相談のお電話を頂いております。

 

 

 

 

 

 

基本的には納車整備中のVER-Zとほぼ同一の電装部品の交換となります。

ディストリビューターキャップ・パッキン・ローター・プラグコード・スパークプラグ

・イグニッションコイル・コンデンサー・イグナイター・エアーテンパラッチャセンサー

・ウオーターテンパラッチャーセンサー・マップセンサー・O2センサー・EACV等。

上記のパーツと共にエアーホース関係も交換となります。

 

 

 

 

 

此方で作業画像はありませんが、

別の部位のエンジンに関わる電装の1つで有る、

メインキーシリンダーは交換せずに裏側部分のハーネスのみ交換しました。

※他車種流用加工にて取り付け

 

 

 

 

 

 

エンジンストールは過去に1回のみ発生。

この度はリフレッシュも兼ねての電装系パーツの交換でした。

 

 

10年一昔、

ビートの場合は車令20.5~6年前後の個体が殆どですので、

二昔半経過中・・・。(T_T)

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2018 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE