close >>

オイル交換の際に同時に交換するオイルフィルターですが・・・、ビートの場合出来れば毎回交換をお勧しております。

2017年10月13日

 

エンジンオイルフィルターのお話です。

 

 

※オイルフィルターは画像真ん中辺の丸い部分に装着します。

 

オイルフィルターの役目と言えばエンジンオイルの冷却と併せ、燃焼にて発生するカーボン・スラッジ等の除去を目的としています。

 

 

上記画像はオイル交換の際、新しいオイルフィルターに新油を並々と注いだ状態の画像です。

 

 

フィルターの中のろ過紙に吸収されて油面が下がっている様子です。

 

如何でしょう?数秒後にはぐいぐいとオイルが減って行きます。

 

オイルメンテナンスを頻繁に行っていて気が付いたのですが・・・。

 

純正品でも300個に1個くらいの確率で吸い込みの悪い物も中にあります。(;^ω^)

 

そんな訳で、毎度、フィルターに新油を注いでテストを行い取り付けております。

 

※高回転型エンジンであるビートの場合。安価な粗悪品を使用にてエンジンの寿命を縮める要因となりかねない事をご認識ください。

 

 

また、此処で問題となるのが交換のサイクルとなります。

 

現在の車は別として、この時代のごく一般的なオイル交換のサイクルはと言えば、

 

確か、

 

一般車は5000キロ走行毎にオイル交換でオイルフィルターはオイル交換2回に1回交換。

 

スポーツ車は3000キロ走行毎で、フィルターは矢張り2回に1回交換のようなサイクルが一般的だったかも知れません。

 

では、ビートの場合はどちらが好ましいでしょうか?

 

小生としては、スポーツ車の間隔にてお客様にお奨めしております。

 

そこでですが、

 

上記の画像をご覧になってフィルターの役目を考えると、

 

あの、ちっちゃなエンジンを酷使して高回転にてぶんまわる様を想像したら、

 

毎回交換してあげたい気持ちになりませんか・・・?

 

小生もある程度の年齢となり感じることは、

 

自分の血液も何時も「綺麗でサラサラ」が良いし何んて・・・。

 

ですからビートも同じかと思いまして・・・。(T_T)

 

 

※電子式トルクレンチにてドレーンボルトを規定トルクにて締め付けているところのです。

 

オイルフィルター&ドレーンボルトですが、締め付け過ぎは特に要注意しましょう。

 

オイル漏れ等の大きな要因の一つとなっております。

 

ビートの場合、今までに何回、このドレーンコックを開け締め為た事でしょうか?

 

其れでもって材質はアルミ製ですので経年と併せて考えれば、優しく扱ってあげたいものです。

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE