close >>

最近のコメント

走行距離は少ないので大丈夫!(^^)/ 実は危険です。(T_T) で、電装品まわりを一新しました。

2017年12月15日

千葉県在住のK/S様ご所有の銀びーです。

 

実は氏にとっては2台目の個体だそうですが、
1台目のでビートの面白さに目覚めて楽しんでおりましたが

水漏れにてオーバーヒートを発症。

 

で、其方の個体を諦め、
これから先一生乗るぞと言う意気込みにて最近2台目の現車を手に入れたそうです。

 

この現車は前オーナー様により大切に車庫保管されていた個体で、
走行距離8千数百キロのワンオーナー車両ですが・・・。

 

 

 

 

1台目の事を踏まえ、

先ずは各部総合点検をとのご依頼にて入庫されました。

 

点検の結果
先ずはラジエーター本体から冷却水が少しずつ漏れ出しておりましたので、

ヒーターホースも含めた水まわり総交換を実施。

※上記水まわり作業状況は別記事を参照ねがいます。

 

 

 

更にお客様は電装系センサー類の経年劣化をご心配されておりましたので、
今回は其方を重点的に実施する事となりました。

 

前出記事でもご紹介の通り、各電装系特にセンサー類の経年劣化が目立つようになりました。

不安な方は近い将来の交換をご検討されては如何でしょうか?

 

 

 

 

※判りますか?上記画像の下側は装着されていたディストリビューターASSYですが、

シャフト部分に赤錆が見受けられます。

取り外して回してみると多少抵抗がありスム~ズ感が損なわれていました。

 

 

 

 

出来ればエンジン本体リフレッシュのタイミングですと、

エンジン本体に装着されている水まわりOリング等と併せて容易にセンサー類の交換が出来、

一石二鳥ではありますが・・・。

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE