close >>

最近のコメント

先日は嬉しい出来事がありました!。元ビート乗りが復活します。(^^)/

2018年07月18日

連休中、通常営業しておりましたが、日曜日にカーセンサー経由にてお電話がありました。

受話器を取ると開口一番!昔、黄びーでお世話になった埼玉のM/Hですが覚えていますか?との事。

小生、嬉声にて即答で覚えていますとも今でも携帯に番号登録は残っているし、あ~それと・・・で用件もそっちのけの状態。(*^-^*)

 

一向に話が進まず・・・。そこで我に返り用件をお尋ねするとこれから女房と一緒にクルマを見に行きますとの事。

 

ハイ、ハイ是非!是非!お答えし電話を切りました。

 

遂に5年振りでビート乗り復活!かも?

 

で、小生もビート乗りゆえ来店したら何がしたいかぐらい直ぐに判ります。

早々デモカービートに奥様と共にご試乗して頂く事になりました。

 

試乗していただいている間に小生が思ったことですが、恐らく本日ご来店に漕ぎつかれるまでには紆余曲折があったんだろうな~なんて・・・。で、本日のご来店に改めて感謝いたしました。 <(_ _)>

 

暫くして試乗からお戻りになったお(^_-)-☆を拝見し小生も(^_-)-☆。其の後、ビートがおかれている現況をご説明しました。

ポイントとしては何故走行距離が少なくても当店の販売するビートの場合、エンジン本体&ミッション本体&クラッチ系電装系、更には燃料系に於いてまでも納車整備時にオーバーホールをして納車するのかをご説明。

 

また経年による交換部品増加の為、更に年内に販売価格改定を迫られている実情をもお説明しました。

 

そして

 

そうです!5年振りにビート乗り復活です!

 

 

ある程度ネット経由で下調べをされていたようでして、以前のお乗りだったお気に入りの黄色の個体をご契約頂きました。

 

 

H3年式 ワンオーナー車 走行4万1千キロ HKSスポーツエキゾースト以外はオリジナルの個体。

 

 

※今記事とは別件になりますが、上記画像左奥のシートを被った数台のビートですが、お客様からお預かりにてE/G&M/Tのオーバーホール待ちの個体です。

 

これから約2か月間を賭けエンジン本体・ディスビ他の電装系・燃料ポンプ/ホース他の燃料系・ラジエーター本体他全水まわり・ミッション本体・クラッチ・Sメーター他・ヘッドライト左/右。更に実働中でも寿命が短いと判断したエアコンコンプレッサー・純正ステレオ等をリビルド品に交換。

有償にてご依頼頂いたリヤ側足まわりの各ロッドやドライブシャフトリフレッシュ。又、ブレーキ系メンテを重視した車検整備を実施した後の納車の運びとなります。

 

 

販売車保証規定はコチラ

 

 

これは勝手なご提案となますが仕上がり納車までの間、時折、当店に足を運んで頂き、デモ車ビートにて試運転して頂き気分転換とでもなれば幸いかと思われます。m(__)m

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2018 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE