close >>

最近のコメント

銀から白へとイメージチェンジしてみました。(^_-)-☆ 後篇

2018年07月24日

F/I様のビート外装リフレッシュ編の続きです。

 

 

また、塗装と併せてフロントガラスをUVカット仕様へ入れ替え、更にカウルトップとヘッドライトユニット左/右も新品に交換しました。

しかし、ここまで良くなると只々悔やまれるのは一度再販になり今は再び廃盤となってしまったサイドガラスです。

あ~あ、交換出来ればなお良かったのにとサイドガラスの廃盤に悔しさを感じているのは小生だけでしょうか・・・。(~_~;)

 

 

トランクのヒンジ部分ですが、ボディー側から取り外すして下地処理ををします。

最初の画像を見て頂くと判りますが取り外してみると結構な錆、腐食等が見受けられる事が多くこのタイミングで確りと防腐処理をしておきたい部位でもあります。

 

 

エンジン本体を降ろしての塗り替えではありませんが、見える部分のギリギリまで外装色と同様の塗りを入れます。

 

 

無限サイドエアロ装着により見えなくなってしまうステップサイド部分に於いても仕上げ前に若干腐食が出ておりましたので確りと防錆処理を施工後にエアロを装着しました。

 

 

また折角ですのでボンネット内のウオーッシャーノズルやワンウエーイバルブ、ホース類もこのタイミングで新品に交換。

 

 

 

ボルトやナットもパーツとしては比較的安価ですのでこのタイミングでできる限りリフレッシュします。

 

 

各部の取り付け位置等の不具合は無いかを確認後、NANOバリヤXガラスコーティング(硬度7H)を施工後は一晩工場内にて保管。

翌日、コーティングの状態を確認した後に各部マークやステッカー等を貼り付けて施工は終了しました。

 

完成までには大変長らくお待たせいたしました。<(_ _)>

F/I様のご都合に合わせて店頭納車させていただきます。

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2018 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE