close >>

新年最初のエンジンメンテとなります。

2019年01月13日

茨城県在住のT/S様が長年に渡ってご所有のビートです。

 

現走行距離約11.5万キロの個体で、当初のご相談はプラグホールにオイルが溜まるので改善したいとのご要望でした。
その際、最近のビートが置かれている状況についてお話した結果。予防の為ヘッドガスケット交換とのご依頼を賜りました。

 

そして後日、その修理の為ご来店頂き、現車確認の際、何と、既にシリンダーヘッドガスケット抜けの発症が確認されました。

 

 

と、いう訳で整備内容を変更をせざるおえない状況となりました。

結論として、トラブルを抱えた既存エンジンの使用を諦め、別コアにてNEWエンジンを製作する事となりました。

 

 

既に水まわり他の主要部位については、大方メンテナンス済みの個体です。

 

 

シリンダーヘッドガスケットの不具合を発症してしまった既存エンジンを取り外します。

 

 

各部位にNEWパーツを組み込み、新たに製作したエンジンに補器類装着作業中の画像です。

 

 

エンジン本体のメンテと併せて、特に点火系を重視した電装系及び燃料系パーツも現在部品が揃う限り、全て新品に交換します。

各系統において一か所でも古いパーツを残せば、それは不安な要素を残すという事です。”(-“”-)”

 

トラブルなど気にせず楽しいビートライフを送る為には、不安な要因を全て取り省く事が寛容かと思われます。

 

 

当店で施工させて頂いたエンジン及びミッションについては、30か月又は4万キロ迄の保証をお付けしております。

 

 

T/S様、初期慣らしを兼ねたテストドライブ等も十分に重ね、最高潮の調子に仕上げて納車させて頂きますので今しばらくお待ち願います。

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE