close >>

純正部品再販品。アクセルワイヤーを交換しました。

2019年01月26日

下記画像は新車登録時より約28年間活躍してくれたアクセルワイヤーです。

 

 

ここ数年間ゴソウダンパーツにて入手不可能でしたが・・・。

一昨年のパーツ再販が決まり2017年12月再販が叶ったパーツの一つです。(^^)/

 

 

D席足元にお位置するアクセルペダルから

 

 

センターコンソールの内側を通り

 

 

エンジンルームへ繋がり

 

 

最後にエンジンルーム内のスロットルのところへ繋がります。

 

アクセルワイヤーを交換する事により兎に角アクセルがスムーズで軽くなります。

但し、経年劣化で電装系や燃料系に不具合が生じている場合などは、アクセルワイヤーを交換したことにより、各パーツの作動誤差が顕著に表れてしまい、逆にレスポンスが悪くなる様な場合も有るかもしれません。(^^;)

 

◎旧車ビートの場合、一か所だけでなく総合的メンテを要する時期はズバリ今です!。

上記のような心構えにて予防的にパーツ交換をした結果。トラブル発生を気にせず楽しビートライフを送る事が出来ます。(*^_^*)

 

 

 

 

読んんでいただいてありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE