close >>

<MYビート リフレッシュ計画>

2012年04月27日

最近、外装仕上げをしていない良質と思われる車両は殆どお目にかかれなくなりました。
ちなみにビートは約34000台生産中約31000台近くが平成3年5月~平成4年末迄の約1年半の間に登録されました。
たとえば補修していない個体でも、我々プロの目から診ても外装・内装ともかなりお疲れモードが多いですね。
整備点検記録簿も履歴を見る上で大事なアイテムだと思いますが、たとえば新車からの現在までの走行距離が数千キロ~5万キロ以内でと仮定した場合。
履歴のなかでのメンテといっても点検のみで、殆どパーツの交換がされていない個体も多いです。
当店の今迄の整備実績の中での推測ですが、気持ちよく乗る為に必要な整備を施した場合。
メンテ料金は、車両代とは別に数十万~100万プラスαかかる場合もあると思われます。
むしろもう少し走っている個体の方が、ビートの肝的部分のメンテが済んでいる可能性が多かもしれませんね。
その為に現在、ビート専門店としては前オーナー様のメンテ状況(消耗部品交換等)の良かった車両をチョイスして更に当店にてビートの肝的部分を整備し、部分的に保証を設けて販売ております。

それと、最近(特に昨年後半より)は近年のBEATブームも多少有るかと思いますが。
業者市場(業者オークション)においても殆どが走行10万キロ超えの出品車が多くなりました。
*ですよね!殆ど21歳ですもの・・・ちなみに私の愛車は36万4千キロ走行ですから(笑)
良い物は現在お乗りのユーザー様の手に渡り、手をかけようか?どうしようか?のビートが殆どな訳で・・・。
誰だって程度の良い物を安価(当店の場合は適正価格の意味)にて乗りたいですものね!
当然の事ですがビート購入(古い車)をお考えのお客様はどこが何時どうなるのかが一番心配でしょうね・・・。
また、その答えがいまいちハッキリしないのも確かで・・・歯がゆいですね~
最近ビートをご検討頂いていたお客様の中で、奥様が同伴にてご来店。
奥様の一言!
社長さん!ビートの年間の維持費は幾ら掛かるでしょうか?とのご質問。
ぐさ~~ッ!ハッキリと物を言う小生にとって衝撃の一言でした。
*旧車は其所(そこ)が・・・(苦笑)
勿論!お客様としては当然のご質問内容なのは判っておりますが。
ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ
で、当店で販売した車両の買い戻し車で走行は多少多めでしたが、ミッション/クラッチ/足回り等含め約100数十万位いメンテを済ました車両をお勧めしご購入頂きました。
先日も来店になり絶好調との事。
Very! (*?▽?)db(?▽?*) Good!!
で、上記を踏まえ当店では近い将来販売するBEATの殆どが下記メンテを済ませた状態にての販売する可能性が高くなってきました。
<MYビート リフレッシュ計画>


当店のユーザー様の殆どが一昨年辺りから下記部分のメンテナンスを効率よく計画し、実行し始めております。
たとえば深い部分の工賃を優先してメンテをした場合。
浅い部分のメンテ料金はかからないか又は安価にて済みます。
特にエンジン周りと一緒に水回り・T/M・クラッチ・足回りの等の交換を一緒に行うと工賃もだいぶ圧縮されます。
効率の良いメンテナンスをご提案させて頂きます。
・外装同色オールペイント
CIMG2017.JPG
・ECU オーバーホールおよびメーンリレーの輪切れ対策
(当店のお客様の場合は総てオーバーホール対策済み)
CIMG3575.JPG
CIMG2278.JPG
CIMG2442.JPG
CIMG3428.JPG
CIMG3578.JPG
CIMG1374.JPG
・エンジンオーバーホール又はリビルエンジン(各部リフレッシュ済み再生品)
・エンジンマウント/各ロッド類・ブッシュ類
・ラジエーター本体・各ホース・ウオーターパイプ・サブタンク等
・トランスミッションオーバーホール各消耗パーツ交換
・クラッチマスター・スレーブッシリンダー交換および油圧部清掃
・クラッチオーバーホール(ディスク・カバー・各ベアリング等)
・ブレーキマスター・各キャリパー交換
・エアコンオーバーホール
・純正ステレオ(本体)・ウーファー等オーバーホール
・ショックアブソーバー交換・又は車高調(当店オリジナル)
・幌/スクリーン新品張り替え/ウエザーストリップ全交換
・運転席または助手席両席シート生地新品張り替え(純正又は当店オリジナル)
・タイヤ・ホイール
等etc・・・。
上記例の部位をリフレッシュした車両販売に切り替える事に成るかと予想されます。
その時は車両代金は新車当時に限りなく近ずくかそれ以上だと思われますが・・・。
*当店の場合、成約車両は納車点検整備費用および消耗パーツ・不良パーツの交換代金は車両代にて含まれております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE