close >>

連休前の平成最後の作業となったのは、ISOMASAビートへのNEWエンジンの搭載作業でした。(^_-)

2019年05月06日

大型連休の最中ですが、当店のお休み前の4月27日。

平成最期の仕事となったのは、デモカーISOMASAビート1号機へのNEWエンジンの搭載作業となりました。

 

 

本年2月の日光サーキットからの帰り道でフロント側ナックル折損のトラブルを発症しましたが、新品パーツと交換にて再起を図ろうとした矢先・・・。実はエンジン本体にもトラブルを発症しておりました。

 

 

内容的にはエンジンを回し過ぎにてデトネーション(異状燃焼)を起こし、その影響にてシリンダーヘッドガスケット抜けを発症して仕舞い、ピストンに穴が空く寸前の状態にて万事休す!!( ̄ー ̄)

 

 

そんな訳で、昨年暮れから自己ベスト記録更新等をノリノリでご紹介していた日光サーキットチャレンジも、暫くくお休みとなっていた次第。(;^ω^)

と言う事で、毎度ご紹介しているエンジンメンテナンスを改めて小生自身が実演する運びとなりました。(^^;)

 

 

※今回は既存エンジンの再使用は諦め、別中古エンジンを使いNEWエンジンを製作しました。

 

今回のエンジンチェンジの経緯として、既存エンジンを2013年に製作し、その間、2016年にシリンダーブロック割れにてシリンダーブロックを交換を経て、2019年2月まで活躍してくれました。ほぼ、ショートサーキット走行のみの使用にて此処まで活躍してくれた事に大感謝!!素晴らしく丈夫なエンジンで有る事を実証してくれたと思っています。

 

 

今回は前回を上回る耐久性の向上を念頭に置きながら、各部の加工仕上げに拘って製作してみました。勿論!!主目的としては、お客様からお預かりし製作させて頂くリビルド化エンジン品質向上の為のテストも兼ねております。(^_^;)

 

 

無事にエンジンは搭載となりました。

 

 

お休みを頂いていた5月1日及び3日の2日間で、福島、山形、宮城をまたぐ様に東北地域を渋滞を避けながら、約1000キロ程を初期慣らし走行しました。(^^)/

 

 

今後の予定としては今少し慣らしを行い、5月15日(水)筑波サーキットコース1000にてシェイクダウンを予定。更に5月28日(火)にはホームコースである日光サーキットでの走行を予定しています。

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

“連休前の平成最後の作業となったのは、ISOMASAビートへのNEWエンジンの搭載作業でした。(^_-)” への1件のコメント

  1. 阿相 守 より:

    ど―も✋いよいよ待ちに待った、イソマサビ―トの出番ですね❗️日光CCには、応援に駆けつける予定です。
    再起を楽しみにしてます👍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE