close >>

フロントガラスをUVクールベールに変更と幌・スクリーン交換等外装リフレッシュを施工しました。

2019年06月12日

茨城県在住のU/A様ご所有のVER-Zのご紹介です。氏にとっては2台目となるビートとなます。

 

一昨年晩秋に総合メンテナンスのご相談に起こしになり、定期的に各部リフレッシュメンテナンスを施工することとなりました。

 

先ずは昨年、新春早々水まわり一式、ブレーキ、足まわりブッシュ系から始まり。夏にはエアコンメンテナンスにて現状揃い得るパーツの総交換を実施。

 

そして本年入り、走行15万キロと言う事で、懸念していたエンジン本体及びミッションのオーバーホールを実施。

そして、この度は、残る外装メンテナンス実施へとシフトして参りました。

 

 

U/A氏はVER-Zを駆使して、ご自分から進んでJKのお嬢さんの足ッシー君をされているそうです。
 

そのお嬢さんの為に、昨年夏にエアコンメンテナンスを施工しました。
 
しかし、、モスグリーン色という事も手伝い、昨今の車と比較すると能力も非力。酷暑の際のエアコンの効き目は低下する事は否めず・・・。

 

 

そんな訳で、エアコンの効きをよくする事と直射日光軽減のため、フロントガラスをUV仕様のクールベールに交換しました。
 
交換することによりエアコンの冷えは格段に良くなる事が約束されました。
 
更に欲を言えば、数年前に一度再販となり再びご相談パーツにて、現在手に入らない、IRサイドガラスが復活してくれると、もっと冷房効果が高くなる事は間違いないのですが・・・。

 

 

フロントガラスの次には、幌/スクリーンの交換と共に雨漏れ防止処理をします。施工時は梅雨入り前と言う事で正にベストなタイミングでした。

 

 

雨漏れを阻止する為には、フロントピラー側のウエザーストリップラバーと共に両サイド3本のウエザーストリップラバーを総て新品に交換が必須。

※どれか一本でも古い物を残せばかなりの確率で漏れは止まりません。

 

 

更に新調した両ウエザーストリップラバーのあたり位置調整が必要。調整はサイドガラス部位のストッパーを少ずつ動かして行います。

 

 

しかし、調整に際し、時折、立ちはだかる「白い悪魔」も同時に除去し、新しい内張りカバーに交換して作業は終了。

 

 

新しいリヤスクリーンは見ていても気持ちが良いですね~。

 

 

画像は割愛となりますが、幌・スクリーン交換と施工と併せて左/右ヘッドライトユニットも新品交換しました。
 
※ヘッドライトの劣化は表面だけでなく、内側の反射面も当然劣化します。それが原因にて車検不合格も非常に多くなっておりますので、このタイミングで交換がベストだと思われます。

 

一昨年よりはじめられた原点回帰リフレッシュ計画。 残すは外装全塗装のみとなりました。

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

“フロントガラスをUVクールベールに変更と幌・スクリーン交換等外装リフレッシュを施工しました。” への1件のコメント

  1. U/A より:

    イソマサオート様
    いつもお世話様になっております^_^

    納車の時はボディもピカピカにしていただき、正面からヘッドライト、フロントガラス、幌と見違えるほどでした♪
    さらに先日の大雨では、雨漏り、エアコンで窓の曇りも皆無でした^_^

    おかげさまで娘共々、快適なビートライフを楽しんでいます♪ありがとうございます^_^

    今後ともよろしくお願いいたします^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE