close >>

外装をリフレッシュしました。(^^)/ シルバーからパールホワイトへ!!

2019年09月23日

 

 

7月中旬から全塗装の為に外装コラボ先へと出向いておりましたY/K様ご所有のビートですが、全塗装を終えて戻って参りました。。

 

 

また、画像の既存装着のフロントバンパー以外に純正バンパーも、スペアーとして同色塗装を施工しました。

 

今回は当初の予定より大夫時間が掛かってしまいました。m(_ _)m

 

その理由は二つあります。

 

①経年劣化により下地処理に十分に時間を掛けないと、塗装の後、過去の補修部位の塗装痕等が浮き出てしまったり、艶が無くなったりというような事もしばしば発生するようになって来たからです。

 

②もう一つはの理由は、ブレードシルバー⇒S2000の純正特別色である「プラチナホワイトパール 」に色替え全塗装を施工もその要因。

 

 

色替えの場合は通常の同色全塗装とくらべて塗装部分が多く、どうしてもその分時間は掛かります。

 

例えばフェンダー内側や、幌内側のエンジンリッド部分等が追加塗装部位として追加となります。

 

 

また、「プラチナホワイトパール」という色は特別塗装の為、色見加減も複雑で、通常と比べた場合でも施工に多くの時間を要するからです。

 

尚、ご存知の方もお出でとは思いますが?このお色はとても高価で、因みにS2000新車オーダー時のオプション特別色にて、標準色と比べ、確か?210,000円高だったと記憶しております。(*_*)

 

 

ボンネット裏側を含む各部位も付属品をほゞ取外しての塗装作業を施行。

 

 

フロントバルク部については特に気使う部位で、ブレーキパイプやエアコンパイプ等も巧みにかわしながらの塗装作業となります。(^^)v

 

 

サイドエア―ダクトの内側も取り外して中に色入れをします。※実は何気に網目の間から中が良く見るからです。

 

 

リヤ側トランク内もこの様に塗装します。

 

尚、今回はエンジン&ミッションのオーバーホール作業も同時に行う為、塗装依頼の際、エンジン本体を取り外してから出庫。

 

従ってリヤ側フレーム部分にもある程度の色入れが出来ました。(^^)/

 

 

折角、全塗装をする訳ですからお客様の「コダワリ」を具現化する事がビート専門店の務めと思っております。

 

 

トランクヒンジ下側も、取り外しての防錆処理を施工しました。

 

今後の予定は、リフレッシュされたエンジン&ミッションの搭載し、試運転等を重ねた後、当店推奨NANOバリヤXガラスコーティングを外装に施工しご納車させて頂く予定です。

 

 

 

◎当店で販売するビートは総て、エンジン&ミッションをオーバーホールにて納車させて頂いております。※整備代金は総て販売価格に含まれております。

 

尚、ビートの事でしたら何なりとご相談ください。

 

何故なら当店では、小生を含めメンテナンスに携わるスタッフ全員がビート乗りだからです。(^^)v

 

因みに小生はビート2台+トゥデイだけですけど、店長はビート10台+バモス、整備士はビートとキャラで、キャラは新車から所有。

 

て、何にか変でしょうか? 当店 (*^-^*)

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます・

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE