close >>

急遽”!遠方へ不動車となったビートを引き取りに伺いました。

2019年11月12日

先日、急遽”!長野県の新潟よりの千曲川沿いに、不動車となっているビートを引き取りに伺いました。

 

実は、当初お客様とは何度か電話とメールでの遣り取りを経て、エアコン修理を含む総合メンテナンスでのお預かりの予定でした。

 

しかし、来店当日にあたる10月12日の早朝、突然!エンジン始動不能に陥り、急遽JAFに応急メンテナンスを要請。何とか現況復帰を試みましたが残念ながらエンジン始動は叶わず・・・。

 

当日のご来店をキャンセルとなり、地元ディーラーにてエンジンが掛かるようにして貰ってから再度ご来店という事になりました。

 

折しも10月12日(土)は皆様ご存じの通り、台風19号が日本列島を縦断の真っ最中にて、関東甲信越地域に於いても午後からは非常事態を想定し、当店も店舗を閉店して対応した事を思い出します。

 

その後、お客様から再度ご連絡を頂きましたが、台風19号の被害にて保管場所の周辺が水害にて甚大な被害を受けてしまったそうです。

 

幸いビートは辛うじて難を逃れたそうです。(^_^;)

 

そこで、当初予定していたエンジン不動修理を依頼すべく業者に連絡。

 

しかし、地元ディーラーを含め業者は総て水没車両引き上げ作業にてんてこ舞いの状況にて、ビート修理の目処が全く立たないとのこと。”(-“”-)”

 

 

そこで、まずお客様の契約さている「任意保険で契約されている事故・故障の際のロードサービス」の中の「レッカー移動距離」を確認して頂く事としました。

 

その結果、お客様のご契約の内容だと「無料レッカーは50キロ迄」だそうで万事休す!! (-_-)

 

ビートの置いてある場所から当店までは片道約330キロの距離。(~_~)

 

因みに保険請求の際のレッカー移動算出基準は、
「基本料金6,000円(3キロ迄)+以降1キロにつき600円+α+高速料金片道分+消費税=陸送費用」となり、まともに見積もるとレッカー費用は莫大な額となってしまいます。

 

 

そこで今回は上記、特別な事情もあり、燃料代及び往復の高速代+若干の手数料にてレッカー回送を受け承りました。<(_ _)>

 

しかし、任意保険の契約条件如何では上記のような負担もなくなります・・・。

 

是非!一度ご自分の保険証券を確認されては如何でしょうか?

 

 


※上記は令和元年11月時点での内容となります。

 

因みに、具体的な参考例として、当店で取り扱いの「あいおいニッセイ同和損保(株)」のパンフレットの一部を抜粋しました。

 

※事故車・故障車をレッカーで運べる距離は保険会社に依ってマチマチのようです。

 

 

立派な旧車であるビート!!トラブルの際に主治医のところへ運ぶ手段、あなたは万全でしょうか?

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE