close >>

一時的にはだいぶ出費がかさみましたが、今回の車検からは通常に戻りました。!(^^)!

2019年11月23日

茨城県在住のK/A様ご所有の銀ビートです。この度は車検でお預かりしました。

 

 

K/A様は、定期的にオイル交換にお越しになると共に、常日頃から都度予防を兼ねたメンテナンスを重ねて大事にこの個体を維持されておられます。

 

 

只、一昨年の車検の際プラグホールに大量のエンジンオイル溜まりを発見!

 

取り合えず清掃にてその場をしのぎ、近い将来に於いてエンジンオーバーホール実施が必要である事をお話して納車させて頂きました。

 

 

年が明け、春先にオイル交換にご来店。その際にシリンダーヘッドガスケット抜けの症状を確認。

 

エクスパンションタンク内が泡まみれになっていますね。これがシリンダーヘッドガスケット抜けのお知らせです。(~_~) 

 

 

また、上記のようにエンジンが掛かっている時に、細かいあぶく泡ではなく、気泡がポコポコ出てくる場合もあります。

 

ご検討いただいた結果。エンジンのオーバーホールを決断され作業を実施した経緯がございます。

 

 

そんな訳で今回の車検において車体側でのメンテナンス実施個所は定期交換の消耗パーツ以外の交換は皆無でした

 

 

強いて行うとすればマフラー取り付けステー部分の剥がれを治すくらいでしたが・・・。

 

 

マフラー本体を取り外して診てみると、以前溶接修理痕から再び剥がれ、更にパイプ側にもヒビが入っており、再溶接修理したとしても長くは持たないと判断。(^^;)

 

そこでお客様と相談の結果。現行同型の藤壺製レガリスKの新品を取り付ける事となりました。(^^)/

 

 

実際に車体に装着してみて気がついたのですが・・・。

 

流石!藤壺さん!!新しいマフラーは既存ステー取り付け位置を修正変更し、折れずらいように改良されています。(^o^)

 

このレスポンスの良さ、無限さんのマフラーステーにも是非!改良をお願いしたいものです!!m(_ _)m

 

 

そんな訳で、車検整備及び継続検査は無事に終了となりました。

 

その後、試運転を実施し、車高調フロント側のスプリングの動きが渋くハンドルが左/右に取られる現象を確認。

 

リフトアップにてフロント側ダンパースプリング部分を清掃・給油・プリロード(スプリングに抵抗を掛ける)調整にてハンドルも取られないように改善しました。

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE