close >>

全く困ったものです。

2014年01月29日

兎に角、前回の記事でもご案内した水回りのメンテですが、現在も販売車両の高額な物には、ネット上にて公開メンテにおて水回りの交換を施工しておりますが・・・。
いよいよ本年度からは販売車両総てに実施するような状況になりそうですね~。
正直言いまして当店としては経費的には大きな打撃となります。

 

CIMG7602.JPG

 

ご案内の通り、販売時に車両代金以外に整備代金は一切頂いておりませんので・・・。
現在でもすべてのBEATに対して下記のメンテナンスは総て施し保証も付けております。
20年以上前のクルマに保証なんてと云われると、チョット誇らしげにうれしさがこみ上げてきます。
*ECU OH
*メーンリレー輪切れ対策
*エアコンメンテ、チェックして駄目なら全交換R12フロンにてよく冷えます。
*純正ステレオ本体 OH
*メーターASSY OH
*タイヤ新品又は製造年月日も含めこれに準ずるタイヤ装着(古いタイヤは怖いです)
*幌/スクリーン交換
*シート生地張り替え
*外装補修・状況によっては同色全塗装
*クラッチマスター/スレーブシリンダー交換
*樹脂周り劣化部分の交換
 

CIMG6325.JPG
 

CIMG7601.JPG

 

それに今度はラジエーター本体を含む水回りもこれからは必須になりそうです。

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE