close >>

タイベル交換してよ!の合図?

2014年06月09日

リフトアップして車両を後方から見ています。

DSC02257.JPG

タイベル交換のため、触媒をエキマニから切り離した状態です。タイベル関係のパーツは左側の
鉄のカバーの上部に位置しています。

DSC02256.JPG

画像中黒いオイルのような物が写っていますが液体ではなく松ヤニが固まったような状態。
そうです!シリンダー判別センサーの部分の黒い所が溶けだして固まりに・・・。
この部分はサーモスタッド取付けカバーの部分です。


DSC02283.JPG

そろそろタイベル交換してしてョ!の合図。画像の部品はウオーターポンプです。



DSC02271.JPG

タイミングベルトだけ何て言わずに確り交換しましょう!

DSC02334.JPG

当店の場合は上記パーツを交換します。

特に最近多く見かけるのはTベル交換後、わずか1~2万キロでオイル漏れの車両を多く見かけます。
オイル漏れの部位はカムシャフトの付け根のオイルシールかクランクシャフトの部分のオイルポンプ
オイルシール辺りから殆どです。この部分のオイル漏れを直すのにはタイミングベルト交換と同じ方法にてメンテになりますので、諭吉がまた・・・。
ケチらずに、ケチらずに出来ればご相談下さいませ。
当店のモットーは
「大人はケチらないで無駄に金をかけない!」です。

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE