close >>

走行距離ではないのです・・・ね。其の2 水まわり他メンテナンス

2014年06月19日

昨日の車両の実際のメンテの状況です。

DSC02514.JPG

DSC02515.JPG

DSC02518.JPG

下側の水周りの交換はこんな感じです。

DSC02528.JPG

DSC02527.JPG

DSC02526.JPG

錆びやすい部分に耐熱ペイントを塗布。
今回は水周りとは別にタイミングベルト関係交換もお奨めしております。

DSC02517.JPG

エンジンマウントも経年劣化にて亀裂が・・・当然交換ですね。
エンジンマウント4カ所5点付いている内の1カ所です。車両後ろから見て左側上部のエンジンマウント。
タイベル交換時に必ず外す場所で、エンジンの重みが1番かかる部分の為,傷みが激しいかと思われます・・・。

DSC02516.JPG

触媒コンバーターの上部のステーも交換時期。判りますか?右上側ボルト穴の部分に亀裂が入っています。そのまま亀裂が進行するとアクセルを吹かした時にビビ~ンとビビリ音が発生します。
昨日、ケチらないでと言った部分。
クランクシャフトのオイルシール交換とカムシャフトオイルシールの交換の様子です。


DSC02522.JPG

クランクプーリーを外したところです。
丸い輪っかがクランクシャフトのオイルシールです。
*正式名オイルポンプオイルシールとも言います。

DSC02547.JPG

DSC02535.JPG

こちらがカムプーリを外した状態で見えてきたカムシャフトオイルシールです。

DSC02532.JPG

このシールを交換するには特殊工具が必要です。
このセット実は結構お高いんです。確か4~5万円しましたよ。
これで、380円と660円のオイルシールを交換する訳です。(苦笑)

DSC02545.JPG

判りますか?ピンク色の輪っかが見えます?これが例の工具です。
各シール共にオイルシールの入る深さが微妙に違いますので、この辺を理解していないで処理すると後で酷い目に遭います。
オイル漏れしたら再度タイベルを外さないと出来ません。

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE