close >>

イソマサ・オリジナル車高調KIT

2014年12月18日

画像は福島市のM/S様のバージョンFです。
各部メンテを終了し、車高調の入荷をお待ち頂いておりました。
これを取り付けて足まわりを調整してメンテナンス終了となる予定です。

DSC04058.JPG

DSC04059.JPG

正式には当店オリジナルの全長調整式車高調整(倒立式)KITです。


現在は商品だけの販売はしておりません。(正確には2年半くらい前までは通販等含め商品のみの販売もしていました。)


DSC04066.JPG


倒立式の場合、減衰調整はダンパーの下側のツマミを左右に動かして調整します。


当店の仕様は20段調整。一般的な使用の場合の調整値は真ん中辺りの10段が基準値。


DSC04062.JPG


DSC04064.JPG


画像はお客様ご依頼車高に合わせて減衰調整のツマミの高さを調整しているところです。


製作時のコンセプトとして、BEATを楽しむ為のアイテムとして製作。本当のことを言えば、小生が小生の為に作ったと言った方が正解だと思います。


在庫や何やら儲けを見込んで物を作ろうとすると、中々良い物が出来ずづらいのが現実のような気がします。


何よりBEATをより楽しむ為の一つのアイテムという位置付けをハッキリしたかったからです。


例えば単に車高調イコール走り屋のイメージじゃなく・・・。


*ノーマル車高で減衰を調整して楽しむとか。(ノーマルショックの経年劣化等考慮)


*補強無し有り、又その度合いに応じてのセッティングを合わせる。(乗り手の好みも含め)
*サーキット走行等も視野に入れたセッティングとか。


以前、正立式(*1)を製作・販売し、もっとしなやかで楽しい乗り味を追求した結果。

現在の倒立式(*2)になりました。
で、話が前後しますが、直売しなくなっいた訳は下記の様な理由です。
セッテイング次第で間違った方向に向いてしまう可能性があると感じたからです。
従って、当店にて取り付け・セッティングをさせて頂ける場合のみ現在も販売中です。
取り付けセッテイングを含めて148,850円(税込価格160,758円)

正立式(*1)簡単に言えばダンパー内のピストンを上から下へ押すタイプ。
倒立式(*2)逆に下から上へ押し上げるタイプ(オートバイ等は現在主流のようです)
重い部分が上側に来ますので当然、バネ下重量は(*1)より軽くなる為ハンドリング等の軽快さは
(*1)に勝りる事と、乗り味のソフトになります。

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE