close >>

当店では「こんなこと」してます。その2

2015年04月10日

栃木県芳賀郡在住のH/H様。4月4日(土)2度目の御来店にてこの度、契約頂き誠に有り難う御座います。

車両本体価格65万8千円(税込み)+諸費用=乗り出し価格約76万3千円で販売した車両。

※当店で販売する総てのBEATにおいて、納車整備費用が車両価格に含まれています。

簡単に言うと整備費用(交換パーツを含む)無料です。



DSC05332.JPG

ご契約頂いた個体はH3年式 /走行15万7千キロの個体。

前オーナー様には約7年前に、走行2万7千キロ・車体同色全塗装・幌/スクリーン交換して当社にて販売。
で、今回他車種への代替え時に下取り入庫した車両です。

前オーナー様は無類のクルマ好きの方で週末以外毎日、往復約70キロを通勤にお使いでした。
現在も通勤車以外にNSXを所有されておいでです。

ナンバー32は上記の前はスカイライン 32 GT-R を所有されていました。

当店だけかも知れませんが?GT-R+BEATの組み合わせのユーザー様が結構おいでです。

ECU本体オーバーホール及び運転席側に移設、メインリレーの輪切れ対策等は前オーナー様にて既に実施済です。

 

納車整備中の様子です。

 

DSC05390.JPG

DSC05338.JPG

DSC05340.JPG

DSC05395.JPG

水周りホース以外にクラッチホースも交換。

DSC05391.JPG

DSC05337.JPG

下周りだけでなく同時にエンジン周りのウオーターホースも同時に交換。

これ旧車メンテの鉄則です。
部分交換で済ませると後日必ず残った部分からトラブルは発生します。!!



DSC05413.JPG

DSC05425.JPG

エンジンオイルを交換する前にWAKOS” RECS SYSTEMを施工します。

エンジン内部を綺麗に洗浄してからWAKOS” プロステージS 10W-40を給油。

勿論!オイルフィルター等も交換。

トランスミッション/DFには純正MTF-3を給油。

●MT オイルの粘土に気おつけましょう。
購入したばかりでシフトの入りが悪いいと入庫する車両の中で、75W/90番程度の堅めのオイルが使用されている場合があります。
※純正MTF-3の固さはE/Gオイルで言うと10W-30程度の固さです。
整備書にも代用の場合上記を使用と書いてあります。

※ついでにもう一つ

BEAT総生産台数 33,663台中16台のみ生産されたABS/LSDオプション装備されたVER-Zも
特別なミッションオイルで無くこの純正MTF-3を使用します。



DSC05438.JPG

ブレーキホースも新品に交換渡し

DSC05440.JPG

DSC05448.JPG

ウオーターパイプも新品交換後に部分的に新発売WAKOS”塩害防止スプレーを塗布して予防策。

DSC05451.JPG

DSC05449.JPG

エキゾースト系には耐熱塗料を塗布。

H/H様
エアコンを含め各部の作動点検等御座いますので、納車まで今暫く御時間を頂きます。

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE