close >>

車高調の再セットアップ

2016年03月05日

千葉県在住のA/M様の愛車の画像です。

 

この度は車検整備にてご入庫頂きました。

 A/M様の銀びーは前回の車検にてラジエーター本体を含む水まわり・ブレーキホース・クラッチホース等既に交換済。

 

DSC06576

 

回はブレーキキャリパーOHと後から追加されたエンジン付近の水まわりホース交換を実施。

更に車高調のメンテナンスもご依頼頂きました。

 

 

イソマサORG正立式車高調キットのフロント側の画像。

今回のメンテはステアリングを左右に転打(まわした)の際、カンカンとスプリングが引っかかっているような音を止める作業。

 

 

 

先ずはダンパーのナットを外し、アッパーから引き抜きます。

 

 

対策の為に用意したこのテフロン製とステンレス製のスプリングシートSET。

(当店で使用するパーツはスイフト製)

 

 

 

スプリングとアッパーブラケットの間にこのテフロン製とステンレス製のスプリングシートを新たに装着します。

そして、WAKOS”VYDAS DRY(フッ素系乾性粉末潤滑剤)を上下のブラケットとスプリングにまんべんなく塗布します。

 

◎車高調をセットアップの際の肝

BEATはリヤと比べてフロント側が軽い為、スプリングに圧力(プリロード)を少しかけないとステアリングを転打した際にシャリン!と音が出やすい構造。

で、装着時スプリングが暴れない状態(タッチ)から下側のブラケットを締め込んで圧力(プリロード)を3ミリ~5ミリ程かけて調整します。特に正立式については微調整が必要です。

※現在発売しているイソマサORG車高調キットは倒立式車高調キットです。

本体価格138,240円税込+取付けセットアップ費用25,110円税込=163,350円税込
※セットアップ込みにて販売のみとなり、パーツ単体での販売はしておりません。

お車の状態(補強度合い・タイヤサイズ等)によりセットアップが違う為です。(^_-)

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE