close >>

最近のコメント

タイヤ/アルミをインチアップしてみました。また、スポーツカー故、車高が気になる方も多いのは事実で・・・。(^_^)v

2016年05月15日

以前、小生のアルトワークスに履いてテストした事のある社外アルミを使ってインチアップしてみました。

 

DSC00640

 

フロント側5.5J-14-INSET40+スペーサー5㎜装着/タイヤ165-55-14・リヤ側5.5J-15-INSET45/タイヤ165-55-15

ノーマルサイズに非常に近似した組み合わせのパターン。

※(現時点で)フロントタイヤ外径がノーマル比5.4㎜高/リヤ側が8.9㎜高です。

スピードメーターの誤差も100㎞⇒98.42㎞と殆ど気にならない程度だと思います。

 

DSC00638

 

上記サイズが登場する前に小生も履いていたサイズである165-60-13/175-60-14ですと、

100㎞⇒97.88㎞ 此方の方が最高速は出る計算ですが、タイヤ外径が大きいため加速力は鈍ります。

 

DSC00001

 

ビートが元々備え持つ素晴らしいシフトフィールをそのまま使えるのが最大の魅力でしょう。

 

DSC00004

 

JP STYLE VERCELYというアルミです。

装着タイヤはBS ポテンザアドレナリン 003と言う銘柄を装着。

 ※外径が大きくなった事とタイヤのパターン面の柔らかさも手伝って、

無限ダンパーKITや車高調などのピッチングもかなり軽減されるというメリットもあります。

タイヤについては小生が推奨しているトランパスLUKにも同様前/後サイズがラインナップされています。(嬉)

 

DSC00003

 

リヤ側に装着する165-55-15サイズのタイヤは、

新型アルトワークスやS660のお陰で数多く登場してきたサイズです。

 

※2台ともに全長調整式イソマサORG車高調装着車です。

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE