close >>

岡山ナンバーの黄びーのリビルトエンジン搭載準備の様子

2016年05月19日

DSC00089

 

最近急にエンジンのタペット音が大きくなったとの事。

点検してみたところ残念ながらタペット音ではなく、クランク部分のベアリング異音でした。

現走行距離約19万5千キロですが、

過去歴14万5千キロ前後にてピストンリングと共にコンロッド・クランク双方のベアリング交換歴があります。

この度、各部のリフレッシュも含めエンジンをリビルト化(再構築化)しました。

 

DSC00091

 

エンジン再構築化と併せて水まわりも総て新品パーツと交換しました。

※これをケチればエンジンをメンテしても近い将来水まわりのトラブルに見舞われ・・・。(>_<)

 

DSC00095

 

補器類を付け替え中の画像です。

 

DSC00096

 

OH前には走行約5万キロのクラッチキットが装着されていました。

多少勿体ない気もしますが、BEAT特有のジャター音等を考えて新品パーツに付け替えました。

K/T様今週末納車を目処に作業中です。

メンテナンス更に続きます。

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE