close >>

岡山ナンバーの黄びーの続”リビルトエンジン搭載の様子です‥同時作業として足まわり他もメンテしました。

2016年05月23日

先週末のメンテ完成納車を目差しての作業中!

 

DSC00105

 

ほぼ補器類は取付け完了。

 

DSC00110

 

 

DSC00111

 

載せ替え前にエンジンマウント・ミッションマウント・クラッチスレーブ等を交換しておきます。

 

DSC00112

 

複合した修理になりますので、このタイミングでの作業した場合には工賃の圧縮にもつながります。

 

DSC00124

 

リヤ側の足まわりのロッド類もこのタイミングでの交換だと格安になります。
※主工賃がエンジン載せ替え作業内に加味されているからです。

 

DSC00121

 

AGCベルト・エアコンベルト類も使用可能でも、このタイミングにて新品交換がお奨めです。

※BEATでベルト鳴き等が発生した場合、

鳴き止めスプレー等を使っても一時的効果が多く、

結局は新品ベルト交換しないと殆ど鳴きが止まらないからです。

 

DSC00123

 

 

DSC00126

 

エンジン関係の配管・配線等を済ませていよいよエンジン始動!

※当店の場合、エンジンメンテのコラボ先にてエンジン組み上がり時点で、

「ファイヤリングテスト」と言ってエンジン単体で始動させ、

約1時間程慣らしを含め各部点検作業を経て戻ってくる仕組みとなっております。

 

DSC00113

 

DSC00142

 

で、翌日曜日(22日)夕方近くに各部点検の為に再度入庫頂いて点検後、

正式に納車の運びとなりました。

※ちなみに昨日から御来店までに約250キロ程走行されたそうです。

 

K/T様この度は長々お預かりしてしまい申し訳御座いませんでした。

では、引き続き楽しいビートライフをお送りください。

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE