close >>

赤びーの車検でお預かりしました。今回のメンテ重点ポイントは水まわりも総交換です。

2016年05月28日

千葉県在住のM/T様の愛車です。

この度は車検整備のご依頼にて愛車をお預かりしました。

 

DSC00134

 

今回のメンテの重点ポイントはご覧のようにフロント側はラジエーター本体及びサーモスイッチ、
ヒーターホースをを含むウオーターホース、クリップ類を全て新品に交換。

 

DSC00136

 

 

DSC00137

 

更にリヤ側エンジン側へと連結しているウオーターパイプも交換。

 

DSC00140

 

リヤ側はエンジンスロットル周りのウオーターホース(一部ご相談パーツをを含む)と、

エクスパンションタンク迄、総て新品に交換します。

 

一部の部分のみの交換の場合、交換を怠った部位より水漏れが発生する恐れが大となりえます。

 

弱い部分に負担が掛かるのは言うまでもありませんね!。

 

DSC00138

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

“赤びーの車検でお預かりしました。今回のメンテ重点ポイントは水まわりも総交換です。” への2件のフィードバック

  1. でんでんむしむしカオス祭り より:

    同じビートに乗る者なのですが、水温が安定してからサブタンクのクーラントを点検すると 小さな気泡が少し見える(クーラントは減らない)のですが故障でしょうか?

    • isomasa01 より:

      詳しくは現車を拝見しないと判りませんが?、最近水まわりをメンテまたはクーラントのみ交換された場合であれば、
      エアー抜き上手くいかず抜け切れていない可能性があります。

      上記メンテ後暫く時間が経過している個体であれば、ヘッドガスケット不良が疑えます。
      他に考えられるとすればホース他各部劣化によるエア吸いでしょうか?
      詳しくはディーラー等で早急にチェックされる事をお勧め致します。

      ※皆様へ御願いです。
      当掲示板はトラブル相談及び御来店等の連絡板では御座いません。
      詳細お問い合わせはinfo@isomasa.comへお問い合わせ願います。 < (_ _)>

      読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE