close >>

イソマサビート エンジンメンテの様子です。

2016年07月09日

5月末、日光サーキットを走行する為各部を事前点検整備中、

シリンダーブロックオイルフィルター取付ホルダー部分破損にて、

エンジンメンテを余儀なくされていたイソマサビートですが・・・。

 


DSC00128

 

※振動により破損してしまったオイルブロック部分の画像。

お陰様でシリンダーヘッドを省く腰下ブロックのメンテがコラボ先から出来上がって来ました。

内容としては破損したブロックに変わり他のブロックを使用にて、

新ピストンKIT組込と併せてシリンダーのボーリング・ホーニング作業をお願いしました。

 

DSC00603

 

上記画像は出来上がってきたシリンダーブロックです。

 

DSC00584

 

で、ここからの作業は当店にて実施します。

尚、ご入庫をお待ちのお客様に於かれましては、

大至急組上げますので今週末のお時間のご猶予を頂きます。m(_ _)m

 

DSC00585

 

折角ですので新品のカムシャフトを装着します。DSC00586
装着されていたカムシャフトです。

DSC00589

 

併せてバルブロッカーアーム部分のタペットアジャスティング,スクリューナットを、

RS MACH製のチタン製に交換します。

 

DSC00597

 

下記画像はシリンダーヘッドを組み付ける前のシリンダーブロックです。

 

DSC00606

 

ボーリング・ホーニングを施工したシリンダー及び新品のピストンの画像。
※ピストン本体については特に駄目ではなかったのですが、この際ですので新品交換にしました。

 

DSC00623

 

以前、純正パーツにWPC加工を施したロッカーアームとDLC加工を施し黒光りしているのがロッカーシャフトです。

 

DSC00624

 

クラッチ他各補器類を取りつけ後、いよいよ車体に搭載します。
この続きは次回ご案内します。

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE