close >>

イソマサビートエンジン慣らし中の様子、日光サーキットを出てからのその後・・・。

2016年07月13日

昨日午後、日光サーキットを跡にしたISOMASA BEATは、その後東北道自動車道の宇都宮インターからインして北へ進み、郡山JCTから磐越道経由にて新潟方面へ向かい。

新潟中央JCT~北陸道~長岡JCT~関越道~高崎JKT~北関東道~岩舟JKT~東北道栃木都賀JCT~北関東道友部JKT~東水戸道路水戸南にて降り~自宅迄を走覇しました。

 

 

※兎に角、出来るだけ早くE/Gの慣らし運転を終えて、日光サーキットで思いっきりアクセルを踏み込みたい一心で上記のような行為に至る訳です。(苦笑)

年寄りの冷や水か小生も来月で58歳・・・。

諸先輩の皆様この若造!何が年寄りだ!と言われるかも?因みに昨日サーキットを走っていたM/A氏は63歳でした。

で、小生思うには何歳(実年齢)がどうではなく、今、思ったことを「やるのか」はたまた「やらないのか」が問題なような気がします。どっかの宣伝ぽっくて(_ _)でも本当にそう思っています。

昨日帰宅したのがPM9:00前、即シャワーを浴びてハイネケンの小瓶を立て続けに2本飲み干し、更にハートランドの小瓶まで手をつけ・・・。きりが無いのでお酒はそれで止めましたが、不思議と疲れは感じず、何かやり遂げた的な達成感を感じつつ眠りにつきました。

 

 

翌日のISOMASA BEATの「コックピット」の様子※(_ _) 洒落臭く言ってしまいました。 (^_-)

 

 

トリップメーターの距離をご覧下さい。そうです殆ど2日で917キロ走行しました。

昨日1日だけで約750キロ走った計算です。

走行速度は磐越道指定区域の70㎞制限を含め~100㎞迄 ※小生の場合、時速100㎞にて巡航はチョット大変。

 

ファイナルギヤをローギヤードド化してある為、100㎞にて巡航時のE/G回転数は5600RPM~5700回転になってしまうのです。(;。;)

 

各部油圧系・水まわり・補器類取付け緩み等を確認しながらエンジンオイルとオイルフィルターを交換。

 

 

マグネットドレーンボルトに若干!ですが金属粉が付着していますね。画像ボルトの先の黒い部分です約2㎜位いでしょうか。今回交換したのは金属的部分のパーツはシリンダーブロックをはじめ、カムシャフト・ピストン本体/ピストンリング・コンロッド/クランクメタルです。勿論!Tベル/WP他の消耗パーツも交換済です。
さ~あ!いよいよ少しずつ回転にメリハリをつけたアクセルワークが出来るようになります。
更に「スロットル全開走行」へ向けて楽しみがまた1つ増えました。

 

◎メンテナンスをお待ちのお客様各位
このところ上記作業等が原因にて、お預かり車両の納期等ご迷惑をお掛け致しまして誠に申し訳御座いませんでした。
今回のメンテにて、小生が日頃お客様相手によく言っている。「BEATノイローゼ」とか「嵌まっちゃって」とかの発言についての言葉はそっくり自分の為に有る言葉だと深く胸に刻みました。(苦笑)

次は前回6月28日の日光サーキット走行にてオーバーヒートさせてしまったISOMASA TODAYのエンジン/ミッションのBEAT化(※1)施工を予定。
(※1)(E/G系) TODAY MTRECにBEAT用ピストン/カム他を組み込み(M/T系)JA5ファイナル系を流用し更に前進ギヤ系等はBEAT用を流用にてレスポンスを含めたパワーアップを目差す!です。

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

“イソマサビートエンジン慣らし中の様子、日光サーキットを出てからのその後・・・。” への1件のコメント

  1. MK より:

    いつも社長の詩的なセンスには感心させられます、情景が浮かんできます。ウイスキーのお湯割りを飲みながら毎日楽しみにしています。60歳以上バンザイ❗️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE