close >>

最近のコメント

ここがポイント!も徐々に変化します? 其の2

2016年08月31日

シリンダー判別センサー

 

前回の続きで黒いカバー(タイミングベルトカバー)を開けた画像ですが、黒い物が上から下へ垂れている・・・。

またオイル漏れ?

いいえ実はオイル漏じゃ~ありません!

手で触れると少しネチョ~ットべたつきはしていますが?手には付着しません。

 

DSC01190

 

画像上部カムシャフトギヤ(タイベルドリブンプーリー)の内側に装着されている、

シリンダー判別センサーというパーツから溶け出している状態です。

交換履歴等無い場合はこの状態を確認して、タイミングベルト関係のメンテをお勧めしております。

たとえ溶け出していない状態でも当店では交換必修です。


本当にセンサー不良の場合にはエンジンの吹け上がり異常等が発生します。

 

※因みに黒い物が付着している部分がサーモスタットハウジングカバーという部分で、次回ご案内の其の3でご案内する部分です。

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE