close >>

クラッチ滑りの原因の一つです。

2017年01月21日

福島県在住のH/Y様の銀びーです。


ご注目!!


現在は製廃となってしまい、

人気がうなぎ登りの「RAYS KC DECOR A-LAP オプションカラー・シルバーポリッシュ」が装着されています。


A-LAP標準のブロンズカラーでも現在BO(バックオーダー)にて大変時間が掛かるみたいです。

 

 

 

 

さて本題です。

今回はオイルメンテナンスにて御来店頂きましたが、
リフトアップにて検車の際にE/G本体とT/M本体の間からオイル漏れを発見しました。

 

 

 

 

ミッション本体を取り外してみると・・・。

 

 

 

エンジン本体クランクシャフト裏側。(フライホイールを取り外した奥側)

 

 

 

 

 

例の部分「クランクシャフト裏側のオイルシール」からのオイル漏れが原因のようです。

 

 

 

同時に社外品クロモリ軽量(約3.3キロ)フライホイールから、
当社独自に純正フライホイールを4.9㎏⇒約3.8キログラムへ(約20%)軽量化した物を使用にて施工しました。

流石に純正品ですので、軽からず重からずクラッチディスクの食付きも強い感じがします。

また、クロモリ製約3.3キロと比べて瞬発力も増したようにも感じ取れます・・・。

 

 

上記はこのところ当店のマイブーム的な感じで、
クラッチ関係のメンテナンスの際、数多くのお客様にご用命を頂いております。

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE