close >>

エンジン&ミッションのオーバーホールその2

2017年01月29日

 

福島市のM/S様ご所有で新車時からお乗りのVER-Fです。

この度、エンジン&トランスミッションオーバーホールにてお預かりしました。

 

 

 

最近は直近でご成約頂いた車両以外にも、
エンジン&ミッションのオーバーホール依頼が非常に多いので、
ご覧の様にお客様毎にラックに区分けして取り外しパーツを管理しています。

 

 

 

 

先ずはトランスミッションの組み立て作業です。

このようにWPC処理を済ませたパーツは別々の袋に分けられて戻ってきます。 

 

 

 

回はクスコ製TYPE  RS 1.5W LSDも装着。

 

 

 

ミッションも組み上がりました。

 

各パーツにWPC処理を施工したミッションの

あの「スパッ!スパッ!」とギヤチェンジ出来る感覚・・・たまりませんね~。 (^_^)v

 

 

 

 

 

その際に総てのベアリングを交換しますが,

その中の問題部分の例のベアリング(左側がメインシャフトのベアリング)も勿論!交換しました。

 

※何時もご紹介していますが「ミッションジャラジャラ音の根源です。

 

 

 

 

出来上がったエンジンに既存の補機類を装着します。

 

無限製(マキシム)のタコ足の焼け具合も最高ですね!

 

 

 

 

 

 

エンジン&ミッションの装着が完了致しました。

 

残る作業は、リヤ側足まわり調整後に試運転を開始。

 

順調ならば今週末あたりにはM/S様へお渡しできそうです。

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE