close >>

◆Tベルトは5万キロ前後で交換と言われている理由?◆

2012年03月07日

ビートのタイミングベルトは5万キロ前後で交換と言われている理由をお教えいたします。

通常タイミングベルト方式のクルマの場合、「走行10万キロ毎に交換」を推奨とされていますが・・・。ビートの場合は交換後の走行5万キロ前後、又は、交換後の年数が10年以上経過した場合に交換をお勧めしております。

CIMG2011.JPG

理由の一つとしては、

通常使用回転域が高回転が4000回転~8500回転辺りをフルに使用して走行する為。通常のクルマと比べて各パーツにかかるストレス(負担)が強いこと。

例えばトヨタMR-S(チェーン方式)などの場合は、レッドゾーンは6500回転からです。

CIMG2008.JPG

もう一つの理由としては、

新車発売から数年後の走行5万キロ前後で「ディストリビューター」という電装パーツの不良が原因で、走行中に突然のタイミングベルト切れが横行。その後、メーカーサービスキャンペーンとして「対策済ディストリビューター」を無償交換が実施されました。

しかし、その件を判らないままでお乗りのユーザー様も実際に多いのも事実。中古で購入されれば当たり前のこと。

そんなことも手伝い、予防という意味も含め5万キロ前後でのタイミングベルト交換をお勧めしております。

※また作業の際、状況に依っては、車体番号にてディーラーに問い合わせて「対策済ディストリビューター」に交換済みか否かについても調べております。

CIMG3175.JPG

上記は画像は新品パーツに交換した状態です。

また交換の際にはベルトだけではなく、一緒に回転しているウオーターポンプ・サーモスタット・シリンダー判別センサー・テンショナー・アイドラー等と併せて、カム・クランクシャフトのオイルシールについても同時交換を推奨しています。

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

“◆Tベルトは5万キロ前後で交換と言われている理由?◆” への1件のコメント

  1. ちゃぼ☆ より:

    私のビート君も、あと3年程したら交換。。。
    5万キロなんて、すぐですね(#^_^#)

ちゃぼ☆ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE