close >>

イソマサオートのオイルラインナップとなります。

2022年11月14日

イソマサオートが取扱うオイルラインナップとなります。

 

MOTUL OIL の正規取り扱いを開始しました。(^^)/ 

 

上記過去記事は2019年09月14日に掲載したものとなります。スマートホンの方は上記文字をクリックしてご覧ください。

そして上記ご紹介から約3年が過ぎ、現在のラインナップは下記に変更されています。

 

 

現在はWAKOS”に取って代わり、MOTUL主体のラインナップとなりました。

 

理由は5年程前からビートの総合リフレッシュの一環として、エンジン本体のオーバーホール(再構築化)を施した個体が急増したからです。

念のため申しておきますが、特にWAKOS”の製品がどうのでは御座いませんので悪しからず。<(_ _)>

思いは、折角リフレッシュが叶ったNEWエンジンなので、新車時の様に、初期慣らしの段階から今より更に上級グレードの潤滑油を使いたい一新で、それも出来るだけ安価で・・・。

との思いからWAKOS”さんと暫く交渉をしておりましたが、先方と価格面での折り合いがつかず万事休す。(-_-;)

と、そんな折に丁度タイミング良く、世界的に有名なオイルメーカー「MOTUL」と地元の大手部品商を介して交渉する機会を得られました。

その際にビートに対する熱い思いの丈を正面からぶつけて交渉にあたった結果。小生のほゞ思う通りの条件で実現して頂け、結果として以前よりも「ワンランク上のグレードのオイル」を現行と殆ど変わらぬ価格で提供させて頂く事が出来るようになりました。(^O^)/

 

 

それでは扱い製品のご紹介致します。先ずメインとなる黒タンクの中身は「ビートの主流」となる下記のグレードの物が入っています。

 

MOTUL H-Tech Prime 5W-40 及び5W-30

100%化学合成 ACEA Standards  ACEA A3/B4  API Standards API SN/CF フリクション・ロスを低減し、エンジン本来の性能を最大限に発揮。優れた粘度特性と強力な油膜保持力により、ターボエンジンやDOHCエンジンといった高性能エンジンにおいて最上のコンディションを約束します。

5W40の粘度設定は、VWやメルセデス・ベンツなどのヨーロッパ車からストリートチューニングエンジンまで、幅広い車種にご利用いただけます。

※更にMOTULオイルをお値打ちでご提供できるよう、20ℓペール缶から125ℓと250ℓタンクへと増量を徐々に図りました。

 

 

また上記とは別に現行一般車両や通常使用のS660などに対応として20リットルペール缶をご用意しています。

 

MOTUL H-Tech 100 Plus 0W-20

100%化学合成 API Standards API SN ; ILSAC GF-5
最新規格であるAPI SNと省燃費性能を規定するILSAC GF-5を取得した100%化学合成オイル。近年の国産車の省燃費対応型エンジンに対応した高性能エンジンオイルです。

 

 

サーキット走行などのハードな走りに対応すべく上記グレードもご用意しています。

 

8100 X-cess gen2 / 5W-40

100%化学合成/ACEA Standards ACEA A3/B4 API Standards API SERVICE SN

OEM APPROVALS 
BMW Long Life-01 ;
MB-Approval 229.5 / 226.5;
PORSCHE A40 ;
RENAULT RN0710 – RN0700 ;
VW 502 00 – 505 00 PERFORMANCES :
CHRYSLER MS-12991 ;
FIAT 9.55535-H2, FIAT 9.55535-M2, FIAT 9.55535-N2, FIAT 9.55535-Z2 ;
GM-OPEL LL B-025 (Diesel) ; PSA B71 2296

 

 

トランスミッションフルードについてはホンダ純正MTF-3を使用。

 

 

リミテッドスリップ(LSD)付車両にはBGシンクロシフトを使用。

 

 

上記はばら売り用となりますが、ビートに使用する際は一回の交換で2本使用します。

 

 

スズキ車などを含む一般的トランスミッションにはWAKOS”製MT-75を使用。

 

ビートの話。

ご参考程度にお聞きください。以前、小生のビートと当時一緒にサーキット走行をしていた仲間(共にLSD装着車両)とWAKOS”「RG7590LSD」を使用したことがありました。結果。シフトフィーリングも硬く、旋回時の「ガキガキ音」(チャタリング)も強く感じました。ビートとは余り相性が良くないような?感が少々・・・。

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

“イソマサオートのオイルラインナップとなります。” への1件のコメント

  1. 管理人イソマサ より:

    皆さんと同じビート乗りとして、愛車に対する思いは小生も同じですから・・・。(*^。^*)

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2022 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE