close >>

成約車の納車整備「フルコンプリートパッケージ」最終章 ロードテストとエクステリヤ系の点検。

2020年04月25日

千葉県在住のH/I様にご成約頂きました平成8年式 110型 Ver.Z 走行92100キロの車両です。

 

最終章となります。

 

 

引き続きの作業は、初期慣らしを兼ねたロードテストとエクステリヤ系の点検となります。

 

 

先ずはリヤ側ブレーキが再メンテナンスとなりました。

 

上記画像は装着されていたリヤブレーキローターとなりますが、試運転初期段階からブレーキングの際、後輪ブレーキ側がジャター気味。

※ジャターとは、ブレーキを踏んだ際に足裏に「ペダルからドコドコ突き上げ感」を感じる症状。

 

ロードテスト約70キロ程の間に、接触面の当たりが出て解消かと思いきや・・・残念ながら改善せず・・・。

 

前・後ブレーキキャリパーは、共に、前回の車検時に当店でオーバーホール済みにて、そちらの不具合とは到底考えられず・・・。”(-“”-)”

念の為にピストンスライドピンの摺動確認をしてみましたが全く問題は有りません。

 

 

実際、この車両自体が展示車にて、暫く動いていなかった時期もあり、リヤ側ブレーキローターの錆・腐食によりるディスクパッドのあたり面の偏摩耗が要因と考えられます。

 

結論としてリヤ側ブレーキパッドとブレーキローターを新品に交換し、再び2回に分けて約70キロ程テストドライブを重ねた結果。ブレーキジャター現象は解消致しました。(*^^)v

 

 

続いては純正OPのスカイサウンドシステムの点検の際に、ダッシュ右側の音量が小さめなのを確認。

 

調べた結果、デッキ側の問題では無くスピーカー本体の不良が判明。生憎既に新品は御座いませんので、中古良品と交換にて問題は解消しました。

 

 

スカイサウンドデッキ本体ですが、既存装着デッキからH/I様の下取車両に取り付けていたデッキと交換して差し上げました。

※ご自身がDIYにてAUX端子機能を追加されたようですので・・・。( ^)o(^ )

 

是にてイソマサ「フルコンプリートパッケージ」メンテナンスは総て終了となりました。

 

大変お待たせいたしました。<(_ _)>

 

納車日のご相談につきましては改めてこちらからご連絡をさし上げます。

 

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE