close >>

走行9810kmの極上赤ビートの納車整備の様子となります。

2022年04月02日

 

当店の管理ユーザー様がお乗りだった赤ビートとなりますが、諸事情により買取にて入荷となとなりました。

 

 

そしてこの度、矢張り当店の管理ユーザーである茨城県在住のT/I様(既に赤ビートを1台ご所有)にご成約頂きました。尚、既存ご所有のビートについては下取りとなりました。

 

実走行2200キロ赤びーの納車整備開始しました。エンジンOH編

※スマホでご覧の方は上記文字をクリックしてください。

 

 

前オーナー様には約2年半程前に「フルコンプリートパッケージ」にてご購入にてご納車させて頂きました。従いまして現在も車検も十分残っており、このままお乗り頂いても何ら問題は無いのですが・・・。

 

 

再びの販売となれば過剰整備的とは思われそうですが、車検を挟んでの前回からの期間内にとは言えど、旧車特有の消耗パーツの有無等の問題も多少なりとも懸念されるところ・・・。

 

 

フルコンプリートパッケージとは言えど、当時は前後ブレーキについてはキャリパーのオーバーホールに対応させて頂いておりましたが。昨今は前後の「ブレーキキャリパーASSY新品交換」しての対応となっております。

 

その様な訳で、今回の納車整備にあたっては例え使用可能な状態であっても、10年先迄問題の起こる事のないように「新品ブレーキキャリパーASSY」交換作業実施としました。

 

 

特にリヤ側の「ブレーキキャリパーASSY」については「サイドブレーキ機構の不具合」が多く出始めていますので・・・。

 

また、前回の交換から6000キロ程の走行なれど、当店では迷わず「ブレーキローター」及び「ブレーキパッド」についても再使用はせず、新品交換にて対応としております。理由はブレーキ鳴き等を回避する為です。

 

 

また前回のリフレッシュエンジン搭載と共に「ロングライフクーラント」を全量補充済みでしたが、リスタートの意味で再び抜き替え作業を行い、当面の水回り系統のリフレッシュに手を掛けずに済むように対応させて頂きました。

 

 

エアコン系メンテナンスとなりますが、前回の納車整備の際には対応が叶わなかったエアコン電動ファン及びモーター(イソマサ対策部品)もこのタイミングで交換対応としました。※エアコンの効きが素晴らしく向上します。(^_^)v

 

 

前回の納車整備の際にはヘッドライトユニットを新品に交換し、ハイワッテージハロゲンバルブを装着しましたが、この度の納車整備の際により明るいLEDバルブを装着されては如何かとのご提案に快諾を頂き、有償にてお取り付けのご依頼を賜りました。

 

 

LEDユニットを装着した画像です。( ^)o(^ )

 

 

そして点灯してみると絶対的明るさを獲得できました。(^^)/

 

 

その他上記法定12か月点検整備記録簿に記載の各部の点検と消耗パーツの交換を済ませ、4月2日(土)に店頭納車させて頂きました。

 

また、今回の作業をにあたってはT/I様が現状ビートにお乗りになって、お乗りだった個体に更に結構なメンテナンスをされていた経緯もあり、何時もと変わらぬとは言っても、多少の視えないプレッシャーを感じながら納車整備を行った感は否めません。(;^ω^)

 

 

T/I様にとっては2台目のビートとなりますが、引き続き楽しいビートライフをお続けください。

 

 

最後に一言

生誕30年を経過した現在、「再販部品」を含めた純正部品を常時購入にて予防も兼ねた「先回り整備」を実施し、維持して行くのが旧車となったビートが唯一存続出来る道だと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2022 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE