close >>

CR-Z(シーアールズィー)6MT プレミアムホワイトパールの納車整備の様子。その1 クランクシャフトオイルシール交換。

2022年06月28日

取り扱い車種が増えました。(^O^)/

 

スマホでご覧の方は上記文字を「クリック」してください。

 

平成24年式 CR-Z アルファ  6MT プレミアムホワイトパール  走行16.6万KMの納車整備の様子のご紹介です。

 

 

新車リリースから10年一寸であるCR-Z(シーアールズィー)6MTを、業者間オークションで検索すると走行距離が軽~く「20万キロから30万キロオーバー」の個体を多く見かけます。

 

 

恐らく高速道路などを多用しての「通勤快速車」的に使用されたのかも知れません。その実績を踏まえ、「定期的に確りとした整備を心がければ」このクルマは長く乗れるのだということを実感しました。

 

それを実証しているのがGE8 フィットに採用されているL15A型エンジン。当店でも代車として25万キロ位迄活躍した実績があります。上記と保々同じタイミングチェーン方式でCR-Zに搭載されているのがLEA型エンジンです。

 

 

整備前の確認及び点検でエンジンクランクシャフトからのオイル漏れを確認しました。

 

 

クランクプーリーを取り外し、オイルシールの交換を行います。

 

 

オイル漏れ防止を目的とした「オイルシール」金属とゴムを複合し、やや弾力性を持たせた部品となっており。取り外しは容易であっても装着には気を使います。いい加減な作業を施工した場合にはかえってエンジンオイル漏れが酷くなることも・・・。

 

 

その様な訳で各オイルシールの装着の際には、上記ご紹介の専用の特殊工具を用いての作業が必須となります。

 

 

という訳で確りとオイルシールは装着されました。(^_^)v

 

作業は更に続きます。

 

 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2022 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE