close >>

販売車両の納車整備の様子です。最終章 オーディオ取り付け及び各部の最終作動点検

2015年12月18日

大分県のY/T氏の所へ嫁ぐ赤BEATの納車整備も、」いよいよ最終章となりました。<(_ _)>

DSC08820

20THオーディオ本体については商品化の際、当店にて装着しました。

DSC08930

お客様ご依頼事項でのAUXコードの装着。

DSC08937

こちらもお客様のご依頼で、20THオーディオダッシュスピーカーの取り付けをします。

DSC08929

 

DSC08958

ビートサイズの純正新品が数年前に復活したテンポラリータイヤも、ご覧の通り経年劣化にて交換時期にて交換となりました。

DSC08957

通常4.2KPAエアーを入れますので車検整備にエアー補充の際怖いときがありますね~。勿論!余りに酷いと時には交換をお奨めしています。

以上で納車整備完了となりました。(^_^)v

 

近日中に陸運支局にて継続車検を取得後、実走行テストに入ります。

◎走行テスト開始に際し、何分、この個体は暫く一般走行をしていませんでしたので、無鉛ハイオクを満タンにして少しずつ調子を上げて行きます。

※レギュラーでも勿論問題は御座いませんが、調整時においてはハイオクの方が美味しいのか?特に元気に走るような気がします。(当店では販売車納車時ハイオク満タンです。)

 

昼夜何度か試乗を繰り返すことになります。

実際に乗ってみないとメータ内のバルブ切れや、走行時のガタ音・きしみ音等をチェック出来ません。

それと遠方へ販売した場合のことですが、さんざん試運転をしてから納車した場合でも、環境が変わるといきなりO2センサー等が点灯してしまう等の小トラブルも結構な確率で起こるのです。

勿論!そのような場合はユーザー様最寄りのディーラー等へ入庫頂きましてクレーム対応させて頂きます。

兎に角、最良のコンデションにてY/T様の所へ納めさせて頂きたいと思います。

 

それと、来年辺りからは他の販売車両においても同様の整備は必然となりうる訳ですので、現在の販売価格を維持して行くのには無理が生じるはず。

※当店では販売価格に整備工賃・部品代金が全て含まれております。(ユーザー様依頼分は別途)

 

当然!販売価格の見直しを強いられると思われます。どうぞご理解の程御願い申し上げます。m(_ _)m

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2021 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE