close >>

N/Y様赤びーの納車整備開始しました。先ずは水まわり&タイミングベルト関係のメンテナンスから始めます。

2016年03月25日

茨城県在住のN/H様にご購入頂きました赤びーです。

 

車両本体価格68万円+諸費用7万円=75万円にてご契約頂いた個体です。

 

当店の販売するビートは総て納車整備費用は車両代に含まれております。

 

1台一台皆程度の違う訳ですから、メンテナンスの度合いも違うのは至極当然!・・・。

 

確りと整備して乗り出し迄に一体幾ら掛るのか?。

 

購入を予定しているユーザー様にとってはそれが一番の問題点。

 

そのような不安が無くなるようにオプション以外は整備代金を頂かない訳です。

 

※お話しだとても簡単なようですが・・・。(苦笑い)

 

要するに一定基準を満たした個体で無ければ自分の首を絞める訳です。(>_<)

 

当店のシステムのからくり?現在までに延べ約700台近くのBEATを販売した実績が御座います。

 

従って業者間AAではなく当店にて販売した車を買取り、

更に手を入れ再販するという究極のリサイクルを実行している訳です。

 

 

DSC00401

 

ご成約頂いたこの個体は,

自社管理車両につき少しは(^_-)安心感を抱きつつ作業開始。

 

DSC00370

 

その他オプションにて新作イソマサORGシート生地SETをご注文頂きました。

 

此方のシート生地2月中に出来上がって来ておりました。

 

しかし、張り替えの時間が無くご紹介が遅れておりました。

 

が、やっと今回ご紹介できると思います。

 


DSC00385

 

水まわりもラジエーター本体からリヤ側のエクスパンションタンクまで、

またその間のクリップ一つまで総て新品に交換済します。

 

DSC00377

 

 

DSC00386

 

 

DSC00375

 

先ずは水まわりのメンテ関連パーツはケチらずに総て新品に交換。

 

DSC00372

 

既にご相談パーツとなってしまったスロットル周りのウオーターホースの画像です。

 

こんな所も水まわりの一部です。

 

交換を怠って此処から漏れればエンジン内部はお風呂の空だき状態となり・・・。

 

DSC00382

 

チョット違った角度から画像でTベルト関係の交換の様子です。

 

DSC00373

 

取り外されたタイミングベルト関係のパーツ。

 

DSC00379

 

ウオーターポンプの下側にはサーモスタッドが付いています。

 

 そのサーモスタットの上側と下側パイプが見えますが、

ここ段付のパイプのつなぎ目の所のOリング(ゴムパッキン)も要注意!

 結構ここからの水漏れが気になってきました。

 

必ず交換しましょう!1個百数十円のパーツです。

 

メンテナンスは更に進みます。

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2022 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE