close >>

これが驚愕の事実・・・です。〇〇買いの何とか?には為らぬようご注意ください。(;^ω^)

2009年06月02日

ビートはH3年5月~H8年1月迄販売。総生産台数33892台。

そのうち約30,000台がH3年~H4年の間に登録されました。

 

従って、平成5年以降の中古車探すとなると非常に少ないという訳です。

 

殆どのビートが車令18年目。

 

最近は殆ど言われなくなりましたが・・・私のキライナ言葉→ビートはどこどこが弱いらしいね!。

 

小生、心の中でですが「一体何を語ってるんだ!」と、ひそかに思ったりしております。(苦笑)

 

ですが、昨年秋あたりから驚愕の事実が浮かび上がってまいりました。

それは・・・初期に登録された約30,000台のビートが、毎週のように同じ部位のトラブルで入庫し始めたからです。

 

当然、当店が販売の為に仕上げている車両も同様です。

 

◎具体的には

エアコンが効かず、ステレオが鳴らず、ラジエーター水漏れ、各プラスティツクパーツ劣化、クラッチマスター・スレーブ液漏れ及び詰まり、ディストリビューターASSY劣化によるシャフトロック。

※対策品であっても錆が原因での固着にて回転が重く、ロック寸前の駄目の物も出始めました。

で、もしも、交換せずにそのまま乗りつ続ければ「タイベルベル切れの要因」となりえます。

 

※たとえ巷で存在する「強化タイプ」と言えども同様の結果となり得ると思われます。

 

ブレーキキャリパー引きずり、特にR側、前後ブレーキローター磨耗。ブレーキマスター液漏れ。

タイミングベルト&ウオーターポンプ経年劣化、各ゴムブッシュ類劣化、燃料ポンプ不良、エンジンハーネス劣化断線、ECUコンピューター補修又は交換等etc・・・。

 

※新車時からの装着場所の不適切による熱被害にてエンジン始動不能となるメインリレー。

 

外装関係では幌/スクリーン及びウエザーストリップゴムの経年劣化による雨漏れ。

※最近はFピラー部のラバー交換も必修!横だけでは止まらず、外装色ボケ・錆び曲がり補修。また内装はD席シート背側生地破れ・穴あき。

 

昨年辺りから特に強く感じる事ですが・・・。
以前、とある書物にも書かせていただきましたがこのところボディーに曲がり・錆びの無い固体が少なくなってきました。

 

それと、ビートメンテナンナンスとは調整仕事は殆ど無く、主な作業と言えば新品パーツの交換が殆どです。
従って、上記のようにビートを仕上げてゆくと80万円くらいかかってしまう訳です。

 

まだまだありますがまずはこれくらいで。(笑)
車令が18年も経てばレク○スだってプリ○スだってあちこちトラブルは出るでしょう・・・。

 

皆様のビートも、悪戯をほどほどにして各部の点検をされるのが急務かと思われます。

 

尚、飽くまで私の推測ですが、通常のクルマは新型発売から15年目位までに姿を見なくなるような気がしますが?如何でしょう。
10年前の車を思い出してください。ね?そうでしょョ!アコードワゴンも・・・。

 

例えば名車と呼ばれるあのR32 スカイラインも発売から18年~20年目辺りでオートオークション市場でも玉数が激減しましたから・・・

理由は何となく判ります。

 

普通車は現車の維持費総体(税金・パーツ代)が高いがゆえ維持できず消えてしまったとも推測されます。

 

ビートというクルマは、名車と呼ばれる為の素質を十二分に兼ね備えた1台だとおもわれておられる方々は私だけではないかと思われます。

 

また、ビートが長生きしてきた理由の一つとして下記も考えることができると思います。

 

先ず、過去においてメンテナンスが面倒(ある種特殊)な為、ホンダ系ディーラーにて整備されてきた車両が多い事。小生もディーラー勤務時代、自社ブランドには見えない所で細工(対策)をした経験あります。

 

もっとも最近のホンダディラーとはいっても、18年前~現場の方は少ないかも知れませんが?
だから、良い個体が現在でも数多く存在しているのだと思っております。

 

ですから、皆さんの自慢のBEATも、ここで奮発してリメイクをしてしまえば当分は安泰なはずです。


いえ、やらないとイケマセン!!純正パーツがどんどん無くなって行きますよ!”加速度的にね!
これから・・・いや今直ぐ・・・にでもです。

 

私の仕事の一つには、毎日、毎日、パーツリストをチェック、メーカー在庫の確認をし危ない(廃盤になりそうな)パーツのストックをしております。勿論!無いものも沢山出て来ました。

 

結論!リメークされた物を乗るか?ここでリメークして乗るか?でしょうねこれから先を考えれば・・
どうやら、もうひとつのの選択肢リメークしながらじゃ難しくなってきた様な気がする今日この頃です。。

 

P101870022.JPG

 

直接は見えませんがカバーを外すと怖いですね~水まわりメンテナンスにて不良にて交換されたラジエーター本体の画像。

 

冬場などは通常走行の場合など水漏れしていても水温計は上がらず水温計が上がった時には万事休す・・・(*’ω’*)……ん?

 

お風呂の空焚き状態にてエンジンの再使用不可となります。

 

P1547018860.JPG

 

銅2層式ラジエーターに交換。

 

P1058710643.JPG

 

クラッチマスターASSYの画像。ビート位ですかね?軽なのに油圧クラッチを採用されているのは。

世界屈指のシフトフィールの実現の為??でしょうか・・・(“`д´)ゞ ラジャ!!

でも、中はヘドロ状態!とにかく液交換をまめにしてない場合。

漏れも、詰まりも起こります。恐・・・。

 

P1017780517.JPG

 

発売当初Tベル切れの多く発生したのは、ディスビ本体のシャフトが湿気で錆びてしまいシャフトがロック!。

結果的にはタイミングベルトが切れてしまい、シリンダーヘッドやバルブ交換などの、大掛かりなエンジン本体のメンテナンスを要する事となってしまいます。(~_~;)

 

P10108520.JPG

 

上記メーターに写っている走行距離は22339キロと表示されていますが。

こんなに少ない走行であっても、発売当初に上記理由にてタイミングベルト切れが横行した為。

H10年~12年頃に集中して、メーカーのサービスキャンペーンにて!対策品と称し、無償にて「新品ディストリビューターASSY」の交換が施工されました。

 

P1010258016.JPG

 

ブレーキも気お付けたい部位!特に後ろ側のブレーキキャリパーのピストン固着は要注意!!

 

P101555820020.JPG

 

ブレーキも凄いんです。特に2枚目の写真R側キャリパーの焼きつき、ディスクパッドは真っ白け炭状態。

固着により引きずりを起こすと画像の様にディスクパッドが灰状になって仕舞い。当然!ブレーキ制御に悪影響を及ぼします。

 

P1015022546048.JPG

 

ローター部分もご注目!F側は特に酷いですね~。

半分位いですかね~ディスクパッドがローターに当たっているのは・・・。

 

P1010658744.JPG

 

タイミングベルト系のメンテナンスについても、ベルトだけの交換では駄目です!

上記写真は先日販売納車した車両のものです。

H16年/6万2千キロ時にタイミングベルトが交換された記録が有り。

 

しかし、納車点検時にオイル漏れ発見!調べてみるとカムシャフトのオイルシールからの漏れでした。

 

現在の走行距離7万7千キロの個体ですが、結局、タイミングベルト関係一式を交換することとしました。

 

作業を施工した際に判ったことですが、実は、ウオーターポンプ・シリンダー判別センサー等がも交換されておらず、サーモスタッドなどは既に寿命が尽きており、ウオーターポンプも周りが重く、必ず近い将来にロックしたと思われます。

 

今回のタイミングでの交換が大正解でした。(^^)/

 

P198018826.JPG

 

燃料ポンプとタンク内の錆び、乗らなければ良いと言う訳ではないですね!

 

P169898010092.JPG

 

旧車は特に気を付けて出来る限り、合間を見て動かしてあげることが肝要かと思います。

 

P10100305543.JPG

 

また、エンジンハーネスの断線にてエンジン始動不能や走行中のいきなりエンジンストール等も時折あります。

 

P1055410036.JPG

 

だんだんにはエンジンルーム内のエンジンハーネスも恐いですね~。ミッドシップエンジンですから当然!熱はこもり易いので!

 

P1010527.JPG

 

メーターのネジの部分に注目! この部位に錆が出ている場合は特に要注意。

 

P1010528.JPG

 

メーター裏側の錆・劣化も酷く、オドメーター、トリップメーター作動不良を引き起こします。

 

P1010529.JPG

 

湿気で駄目になってしまいます。

他電装品、オーディオ等も同様です。

 

P1010530.JPG

 

上記画像は新品メーターとなりますが、本当はこんなに綺麗です。

 

P610510047.JPG

 

T/Mも3速シフト時にギア鳴り多し!原因は操作ミスです。

また、余り乗らずに車庫内でエンジンだけか駆けている個体は要注意! ミッションケース内のメインシャフト取り付け部分のベアリングから「シャー音」が発生する確率が高くなります。※個体を動かさないと「ベアリングがオイルレス状態となるため」

 

DSCF9814.JPG

 

基盤の色が黒ずんでいるでしょ!。

 

DSCF9835.JPG

 

当店ではこの様に、ビートガレージさんに1台ずつ丁寧に修理予防対策をして頂いております。

 

P1014410186.JPG

 

マフラー周りのトラブル続発中!。

 

P10122540015.JPG

 

触媒上部ボデイーとの接続部分が振動が原因でヒビが入ってしまいます。アクセルを吹かした時のビビリ音は大体これです。

切断機等にて切断しないと錆びついている為外れません。工賃チョット高いです!(笑)

 

P241010486.JPG

 

オープンカーの為、ボディーフロント側が先に「しなり」後ろ側が後からついて行くイメージで作られている為。

このボディー中間部位(つなぎ目)はとても重要なところ・・・。

 

P186010484.JPG

 

素晴らしい状態のサイドシルでしょ! 栃木県在住のY/H様ご自慢の黄ビートの画像です。

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE