close >>

超ギリギリのタイミングでしたね〜!? (*_*) ラジエーターからの水漏れが大変酷く・・・。

2015年07月26日

千葉県在住のT/S様の黄びーです。

H16年からビートをご所有だそうで、走行距離は少な目の5.5万キロ。

今回は水まわりの一式交換とTベルト関係の交換メンテナンスにてお預かりしました。

実はご入庫前に水温計が上昇し、一度オーバーヒート気味になったとの事・・・。(;^ω^)

ズバリ!ラジエーター本体は既に終了状態でした・・・。(~_~;) 見事というほど漏れてますというか漏れた後が・・・。

ウオーターパイプも寿命ですね・・・。いつ水漏れしてもおかしくない状況でした。

前から後ろ迄、まんべんなく錆のによる腐食が発生しておりました・・・。

兎に角、水まわりに関するパーツ類は総て新品に交換する事をお勧めしました。(^^)/

ヒーターホース類も必ず交換します。

電動ファンとモーターも交換したいのですが既に新品パーツは無く・・・。今後の他車種流用も考えなくてはなりません。

ラジエーター本体交換の際には、サーモスイッチの交換も大切です。

旧車の鉄則は、その部分交換の際に関連パーツは必ず同時交換が鉄則です。

※数年前に交換済みだからと再使用すると、その部位が後日トラブルの発端となる場合も少なくありません。

エキスパンションタンクもヘロヘロ状態。

特に本体下側のホース接続部分が割れてしまい、水漏れを発症する可能性が高く・・・。

その様な理由でエキスパンションタンクも交換します。

また、ホースクリップも再使用は禁止!!新品ホースと同時に必ず新品交換します。

RSワタナベのアルミが決まってますね~

 

メンテナンスが無事終了すれば、精神衛生上において安心という幸福感を得る事が出来る訳ですね!

タイミングベルト関係のメンテナンスは明日の作業予定ですので、納車まで今暫くお時間を頂きます。

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE