close >>

あれ~!回転が7000RPM付近で頭打ち(サージング)???

2012年02月09日

と言う事で今回のトラブルは回転7000RPM付近で頭打ち(サージング)です。

要するにビートの一番おいしい回転数付近でそれ以上回転が上がらない事。
なんだそりゃ!?

原因は
修理時のにメカニックのスキルが原因でのトラブル

バルブスプリングの逆組みです。
(マニュアルには色分けしてあるので組み込み時には注意と大きく書いてあります。)

当店でも4例目です。
新車時他車においてはエンジンヘッドカバー付近に「タイミングベルトは10万キロ毎に交換」とのステッカーが張ってありそれを目安にしておりました。

しかし、ビートの場合は結果論として当時10万キロまでタイベル交換無しに走行出来た車両は少なかったと思います。
で、走行中タイベルが切れて、,バルブが曲がったり折損した為。

シリンダーヘッド(画像)を修正オーバーホールを行い再度タイベルを交換して走行可能にした訳です。

現在はパーツの材質が向上したので使用状況によっては可能かと思いますが・・・。

経年少走行車の場合はチョット無理かも・・。

因みに小生の黄びー36万キロの場合。前オーナーが20万キロから30万キロまで無交換でした。
(*但し、ほぼ毎日120キロをコンスタントに走行していました。)

CIMG3224.JPG

左側がインテーク側(吸気)右側がアウトレット(排気側)
バルブのスプリングの太さに注目!

左側が細く、右側が太いですよね。

CIMG3225.JPG
実は、通常は吸気側(左側が太く)排気側(右側は細い)のが通常。
CIMG3226.JPG

吸気側のスプリングが弱いとピストンの動きに対して燃料と空気が間に合わなくなってしまいます。

ゴムひもに錘(おもり)ををつけて垂直にたらして、上下に動かします。


だんだんに早く動かすして行くと錘がその場に留まりますよね。 
それと同じです。

CIMG3227.JPG

インテーク側ですがバルブスプリング上部の黄色ペイントに注目!これってエキゾースト用バルブスプリングです。イン側は青色ペイントです。

CIMG3229.JPG

CIMG3230.JPG

シリンダーヘッドが無い状態のエンジンの様子です。

タイミングベルト関係交換時はウオーターポンプ・サーモスタットの交換必ずしましょう。

 

最近ポンプから音又は水漏れが多発しております。

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2022 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE