close >>

ビートを入手すると、最初に脳にインプットされてしまう エアコンの都市伝説?? (;^ω^)

2020年03月19日

 

他店で購入されたビートを整備のご相談に訪れるお客様や、展示車をご覧においでのお客様とのお話ですが・・・。

 

ビートのエアコンスイッチONにて、5000回転以上エンジン回転を上げたり、スイッチONのまま高速道路を100キロで巡行すると、エアコンが壊れてしまうとの「都市伝説」を信じてお出の方が意外に多い事に驚いております。((+_+))

 

 

では、どういう根拠で5000回転以上が駄目なのでしょうか? 何とも不可解です?

 

 

確か装着コンプレッサーのメーカーの見解では、10000回転まで問題無いとの事ですが・・・。

 

 

実際に小生などはご来店のお客様と共にビートに試乗の際、ビートは7000回転付近で一番パワーが出て、8000回転付近で一番トルクが出ますと、暑ければエアコンを使用しながら走行してご説明しています。(^^)v

 

 

結論として、エアコンメンテナンスの際には経年劣化を考慮し、古いパーツを残さず総て一新すれば、今後10年は保々問題なく使用できると思われます。

 

 

※一つだけ問題が有るとすれば、リビルド化されたコンプレッサーの品質に大きな差があるという事です。

 

安物パーツに手を出せば、都市伝説通りになったり、短期間にエアコン作動不良を起こす事は否めない事実でもあります。

 

 

エアコンメンテナンスを施工の際には純正パーツの総交換と共に、上記の点を十二分にご注意ください。<(_ _)>

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE