close >>

新車から30年間上手に乗り切れました!!(^O^)/ でもこれから先を考えて、ご相談いただきました。

2021年09月24日

今年春先から総合整備でお預りのM/I様並びK/Y様を初め、この夏に黄ビートをご成約頂いたT/K様、赤ビートをご成約頂いたK/H様に於かれましては作業が中々進まず、的確な経過報告が滞っております事を心からお詫び申し上げます。<(_ _)>

 

作業にあたり交換部品事前入手の為事前に作業着手金もお預りし、出来上がりを首を長~くしてお待ち頂いていることは勿論!当方も十分に存じ上げております。

 

しかし、昨今の部品供給不足の影響で新車の納車が叶わないのと同時に、ビートの総合整備の為に必要とされる「部品の一部」も供給が叶わない状況が続いている状況です。

 

たとえ経った一つの部品の欠品があっただけでも整備の段取りが取れない場合も御座います事を何卒ご理解野程、宜しくお願い致します。m(__)m

 

 

さて、この度ご案内の整備作業に於かれましては当店が常備在庫している部品で施工が叶う内容となり、又、比較的短期間で完了する作業となりますので、順序を前後しての作業を施工させて頂いております。m(__)m

 

新車から30年間ビートをお乗りだという東京都在住のH/Y様から、今後も末永く乗って行きたい!従って車両維持を目的としての点検を兼ねてご相談にお出で頂けるとのご連絡を頂きました。

 

 

ご来店頂き現車を拝見すると、各部ほゞ総ての部品を上手に使い切ったと感じ取れる車両の状態。(#^^#)

 

そのような訳で、実際は今後の対策を含めての故障予防整備も殆ど行われていない状況です。

 

 

早々の検車後、ひと通りの瑕疵部分の修理する内容の見積もりをご提示しましたが・・・。

 

恐らくクルマの修理見積として過去にこれ程まで纏まった金額の提示には遭遇されたことが無かったご様子でして、幾ら覚悟をされていたとしても正直大変驚かれた様子でした。

 

 

しかし、H/Y様としては「自身がお乗りになれる限り絶対に手放さない」と決めてお出でだそうで、心中を整理しつつ、提案させて頂いた内容を順次実施したいとのお答えを頂戴いたしました。(;^ω^)

 

 

そのような訳で先ずはエンジン本体を守る為、水回りの整備と燃料漏れによる火災防止の為に燃料系の整備から施工を行う事となりました。

 

 

「ラジエーター本体」を含む各「水回りホース」の交換(ヒーターホース交換も含む)

 

 

「エキスパンションタンク」の交換。

 

 

ラジエーター本体を交換する際に併せて10数年前から使用不能となっているエアコンの一部(フロント回り)を目視にて点検しましたが。レシーバーパイプ、リキッドタンク、コンデンサー本体からのガス漏れ跡も確認出来、今後順次整備作業となります。

 

 

一寸確認しずらいですが、水回り関連整備の際には「ヒーターホース」(イソマサ対策部品)の交換も必須となります。

 

 

既に生産廃止となっている「燃料系のホース類」についても(イソマサ対策部品)を使用して対応します。

 

 

以前にもご案内しましたが錆腐食を懸念し、「燃料ポンプ」についても(イソマサ対策部品)を用いて対応しております。

 

 

「EACVバルブ」や「インジェクターASSY」、燃料フィルター等の燃料系関連部品は、総てこのタイミングでの同時交換としました。

 

 

上記との関連部位では有りませんが、入庫の際には装着タイヤは既にスリップサインが出ており使用不能の状態でした。

 

また、新車時から装着されていたスチールホイル自体も大夫劣化が進んでいると判断されます。

 

 

先ずは今後10年先迄お乗りになる事を考え、ご相談の結果。タイヤと共に純正再販となっている「スチールホール」、「センターキャップ」と「球面ラグナット」を交換対応となりました。

 

今回は上記整備範囲内容にてご納車させて頂き、今後はブレーキ・足回り他を含め、最終的には外装全塗装等もご相談の上、実施させて頂く予定です。

 

この後はロードテスト等を済ませ問題無き事を確認出来次第にご納車のご連絡をさせて頂きます。<(_ _)>

 

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2021 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE